Archive

【大 島】放送100回目を迎えた大島アワー


2015年9月から始まった大島アワー(高松市主催)は、2023年12月に放送100回目を迎えました。100回目は、北川フラム総合ディレクターから大島のみなさんに向けたメッセージを放送しました。



大島は、ハンセン病の国立療養所大島青松園があり、入所者の方が暮らしています。私たちこえび隊が通い始めた2009年から数えると15年近くが経とうとしています。その頃は、100人以上の入所者の方が暮らしていましたが、現在は、34名の方が暮らしています。


島全体が療養所であることや高齢の方々が暮らしているので、私たちは引き続き感染対策を行いながら活動しています。
大島アワーの取り組みの一つに、入所者のみなさんの趣味やクラブ活動についてお話を聞いて、それを記録し放送してきました。コロナ禍の間は、声の記録はできていませんでしたが、最近は少しずつ記録できるようになってきました。


10月は、入所者の野村さんの畑仕事の手伝いをした際に、録音しました。
こえび隊のみなさんにも月替わりでナレーションを担当していただき、放送を続けています。

大島アワーの取り組み内容はこちらのブログでも紹介しています。
【大 島】ラジオ番組「大島アワー」公開中
https://www.koebi.jp/news/events/entry-2933.html
【大 島】放送中!大島アワー
https://www.koebi.jp/news/report/entry-3039.html

大島アワーは、YouTubeでも聞くことが可能です。

視聴方法 
*YouTubeはこちら 大島アワー
*YouTubeで「大島アワー」と検索


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI