Archive

【女木島・男木島】GW作品公開!〜リュウゼツランの奇跡〜

今年のゴールデンウィーク、女木島・男木島では作品を公開しました!

こえび隊は作品公開のために1か月前からのメンテナンス通いを経て、
ひさしぶりの作品開館。
「お客さんは来てくれるかな…?」と不安を抱えてゴールデンウィークを迎えたのですが…



なんと!めおん2の臨時便がでるほどの大盛況!
「まさかこんなにお客さんがたくさん来てくれるとは!」と
こえび隊も驚きの結果だったのです!


この大盛況の立役者がこちら


女木島にある大竹伸朗さんの作品「女根/めこん」内に植えられた「リュウゼツラン」

2013年、作品が誕生した際中庭に植えられました。

 

「リュウゼツラン」は、「竜の舌」のような形の葉が名前の由来の中南米原産の多肉植物。

開花は”数十年に一度だけ”と言われています。

 

そんなリュウゼツランが

今回のGWに見事開花したんです!


実は、こえび隊事務局 女木島担当の石賀さんが、
昨年11月にリュウゼツランの変化に気づき
この半年間、成長を見守り続けていました!


発見時の報告(再現)

さらに驚きなのが、
リュウゼツラン開花の話題はテレビニュースでも報道!
第一発見者のこえび隊事務局の石賀さんはインタビューまで受けたのです!


テレビの効果恐るべし…!!
「開花したリュウゼツラン」を見たいとGWは連日多くのお客様が島を訪れました。


受付こえびさんが書く、日報でも毎日リュウゼツランのことが書かれていました。



ありがたいことに、リュウゼツランが花開いた大竹伸朗さんの作品以外にも
多くのお客様が女木島・男木島作品に来場。
頑張って開館準備をしてよかった!と本当に嬉しくなりました。




数十年に1度の開花と言われるリュウゼツランは、一度開花すると枯れてしまうそうです。
ですが、なんと!現在新芽らしきものの発見報告も…!?


今回の女根作品だけでなく
島の自然に囲まれて設置される芸術祭の作品には
時の経過とともに小さな変化が日々生まれてます。
こえび隊は作品の小さな変化に寄り添い、見守り続けていきたいと改めて思いました。


夏に咲くチュウキンレンのつぼみ


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI