Archive

【豊 島】GWも大盛況!〜こえび隊の元気の秘訣を大公開〜

このあいだまでは桜色に包まれていた豊島でしたが
梅の実がたわわに実り、そろそろ梅しごとかなと、カレンダーを見つめる今日この頃

ゴールデンウィーク中の豊島は、豊島美術館を中心に国内外から
多くのお客さんが訪れる大盛況ぶり


こえび隊は島キッチン、ピピロッティ・リスト作品で
元気いっぱいにお客さんをお出迎えしました!


豊島といえば、「食」の島。
島の食材を使った手料理を楽しめる「島キッチン」は今年で14年目に突入。
こえび隊にとっては心の拠り所であり、とても大切な作品のひとつです。



GW中は多くのご予約をいただき、整理券を配布するほどの忙しさ!
テラスで楽しむ特製カレーを提供する「みかん小屋」も期間限定OPENするなど
こえび隊が頑張りました!



大忙しのGWを、全力で走り抜いたこえび隊を 陰ながら支えていたのが…

〜島キッチンの「まかない」〜



キーマカレーオムライス ~島のお母さん自家製ポテトサラダを添えて~

島キッチンではこえび隊に元気を届ける
超本気のまかない作りを行なっています!


営業が終わると店の冷蔵庫の残りを覗き、打ち合わせを開催。 「今日の食材で作れる最高のまかないは何だ!?」 激論を交わし、まかないメニューを決めています。

島キッチン自慢のまかないコレクション〜2024GW〜


島野菜サラダの残りで作った冷やし中華〜キーマカレーを添え・ 中華麺の下にはウインナーソーセージを隠して〜


島のお母さんの旦那さんが釣り上げたブリの差し入れをもらった日。 “ブリ照り”か”ブリしゃぶ“にするかで大激論


4月の島弁当<そぼろ弁当>の鶏ひき肉残りを使った坦々麺 ~ひき肉をすくうための穴あきスプーンを持参~


豊島沖で獲れた真鯛のアラの身をほぐして入れたトマトパスタ 〜こだわりのアルデンテでいただく〜

こえび隊が「うまいっ!」と
ごはんをかきこむ姿をみると幸せな気持ちになります。


全力でまかない作りに取り組む理由は、スタッフが食いしん坊だからではありません。


島キッチンで使う食材は島の方のご協力のもと仕入れています。

島だけではなく全国的なことですが
近年 海は変化をし、今までたくさん獲れていた魚が獲れなくなったり
田畑も高齢化に伴い 今まで通りに守り続けていくことが
とても難しくなっているそうです。

まかないでは貴重な島の食材を余らせないで大切に使い切りたい!
そしてこえび隊に島の漁師さんや農家さんの営みを身近に感じてほしいという思いがあるんですよ!


島キッチンで頑張るこえび隊を支えているのは もちろん「まかない」だけではないですよ! なによりの元気の源は …

島キッチンで働くお母さんたちとのおしゃべり


冗談なのか実話なのかわからない、お母さんのトークに こえび隊はいつも大爆笑!

お母さんたちとおしゃべりしていると
本当に明るい気持ちになり、疲れも一気に吹き飛びます!


島キッチンだけでなく
ピピロッティ・リスト作品で受付をするこえび隊にも
お母さんたちは声をかけ、応援してくれます!


たくさんのこえび隊が豊島で活動しますが
お母さんたちは一人一人のことを覚えてくれていて
久しぶりに活動に行くと、「また来てくれてありがとう」とおっしゃってくれます。
これほど嬉しい言葉はありません。


豊島の作品開館は年間を通して行なっています!
島のお母さんと美味しい料理が待っていますので
引き続き、奮ってご参加ください!



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI