Archive

【小豆島・男木島】作品制作が始まっています!

作業の前に、新しい作品の説明を受けました

瀬戸内国際芸術祭2022に向け、いよいよ作品制作が始まりました!
まずは小豆島で展示される、王文志さんの作品。
今回のこえび隊の作業初めは、島の方たちが切って運んできてくれた竹の整理。


竹が跳ね返ってけがをすることもあるので、注意しながらの作業

4~5人で「せぇ~の!」と竹を持ち上げ、枕木のうえにまとめていきます。
寒い日でしたが、何度も繰り返していると体が温まりました。


細かい枝の部分はノコギリでカット!


山盛りの竹!

王さんの活動は2月中旬でひとまず落ち着き、次の作業に向けて準備を始めるそうです。

続いて男木島。
作家さんが滞在する宿舎を整備する活動です。
これから制作に入る作家さんに、気持ちよく過ごしてもらうために、みんなできれいに整えました!


まずは宿舎内の説明を聞きます

宿舎となるのは、元々旅館として使われていた建物。
しばらく使われていなかったので、室内はホコリが溜まっていたり、クモの巣が張っていたり。。
掃除機や雑巾を使い、みんなで呼吸をあわせながら作業を進めました。


棚の上もピカピカに♪

すっかりきれいになったお部屋は、今日からでも住めそうなほど!
ここで生活をしながら制作に取り組む作家さんたちを想像してワクワクしました。



その他の島や港でも着々と準備が進んでいます。
その都度お知らせや報告をしていきますので、お楽しみに♪

これから活動に参加されるこえびさんも、こちらを確認してからお申込みください!
https://www.koebi.jp/news/events/entry-3056.html


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.20が完成しました。今回のこえび新聞は、船・船・船! 外面は、こえび隊がセレクトした瀬...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI