Archive

【女木島・男木島】2年ぶりの作品公開がありました!

瀬戸内国際芸術祭2019が閉幕してから約2年、なかなか公開できずにいた女木島・男木島の作品。
10月9日(土)10日(日)、23日(土)24日(日)の4日間、ついに作品開館することができました!
この日を待ってくれていたこえびさんたちが、元気に島へ出発しました!


女木島の港では検温スポットを設置し、来場者のみなさんにはまず検温と問診票の記入をしてもらいました。
それが終わるとリストバンドを渡し、お客さんは腕に着けて各作品を鑑賞します。


検温スポットを通らずに来られたお客さんには、作品受付で検温をしました。



こまめに作品やその周辺の消毒作業も行います。
新しい作品受付の作業もありましたが、みんな久しぶりの作品受付で元気にお客さんをご案内しました。



男木島も港に検温スポットを設置しました。
今回の男木島は、こえび隊がご案内するガイドツアー形式での開館です。
事前にお申込みいただいた方、また当日来島された方の申し込みも受け付けました。



男木島の作品は全部で5作品を約90分かけてご案内、ゆっくりと作品や男木島のお話をしながら、お客さんも熱心に聞いてくださいました。
島の子どもたちが友達を連れて参加してくれたのも嬉しかったです!

次回、女木島・男木島の作品公開は2022年の芸術祭です!
みなさん是非遊びに来てくださいね!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.19が完成しました。 2020年は、第1回目の瀬戸内国際芸術祭が始まってから10年という節目...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI