Archive

【豊 島】6/10~ 島キッチンのテラスのリフレッシュ その①

昨年3月に島キッチンのテラス屋根を今までの杉板から檜板に変えるメンテナンスをしました。
杉板は2年に1度は約半分を新しくしなければならないので、耐久性を上げるために違う材を使ってみようということになったのです。
そこで、選んだのが檜でした。

檜は杉に比べて強度があり、耐久性、耐水性にも優れているとのこと。
ですが、雨風、紫外線にさらされるテラス屋根でどこまで持つのかは誰にもわかりません。
そこで少しでも対候性を高めるために、防腐剤を塗ることにしたのです。
そして1年後に再び防腐剤を塗ることでさらに対候性を高めることにしました。


最初は真っ白だった檜板も1年経って少しグレーに変色しています。
板も反ってきていますが、板厚はそれほど変わらず、強度はまだまだ問題なさそうです。

まずは板を外す作業から。
今回は防腐剤を再塗布後にすべて再利用します。
板の形状が違う内側と外側の板を残し、残りは全て外します。
外しながら板の表面に防腐剤を塗布します。


防腐剤を塗り終わった板にはテラスの骨組みに取り付けるための結束バンドを取り付けます。
これを1枚ずつ屋根に張っていくのです。
板は約2000枚。
なかなか根気のいる作業です。

今年はコロナ禍でこえび隊のみなさんにお手伝いをお願いすることができません。
活動をたのしみにしていてくださるみなさん、すいません。
今はスタッフだけで地道にがんばっています。

だいたい半分くらい張りました。
続きは次回のご報告。



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI