Archive

【粟 島】8/29(木)ディン・Q・レ 作品制作のお手伝いをしました!

芸術祭秋会期に向けて作品制作が進んでいる西讃の島々。
粟島でも作品制作のお手伝いがありました。
今回の活動では、ベトナムの作家 ディン・Q・レさんが作品展開を行う会場となる空家や家財のお掃除をしました。
ディン・Q・レさんは、この空家を使って3つのプロジェクトを展開するそうです。



そのうちの一つに、作家さんの提案する食プロジェクトがあり、週末には食事やお茶をすることができるそうです!
お家の中には、江戸時代に作られたのでは?とうわさの食器や漆塗りのお盆などがたくさんありました。
みんなで力を合わせて、大きな家具や食器を運び出し、ピカピカに掃除しました!



母屋も作品展示会場となるので、こちらも掃除機や雑巾ですっきりキレイになりました!
みんなで作業をすると時間がたつのがあっと言う間。


そして、母屋に入って一番びっくりしたのがこちらの神棚です。
普段あまり見かけないこの大きさの神棚には、海にまつわる神さまが祭ってあるそうです。
島の文化・風習にも少しだけ触れられた活動でした。
このお家がどんな風に変化し作品展開されるのか、今からとても楽しみです!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI