Archive

【こえび隊】夏会期 アート作品受付リポート

6月29日大阪のこえびミーティングに参加してくれたこえびさんがこの夏会期にこえび活動に参加してくれました。初めてのこえび活動の様子をリポートしてくれています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


夏会期もたくさんの方々に来ていただき、無事終えることができました。
今回は、会期中たくさんのこえび隊のメンバーが活動していた【アート作品受付活動】をリポートしたいと思います。
私は、こえび寮に滞在し、こえび隊の活動に4日間参加しました。
こえび隊の活動では、様々な人との出会いがあり、本当に充実した4日間でした。

【こえび隊の活動に参加したきっかけ】
もともと瀬戸内国際芸術祭が好きで、今年が開催年であることをチラシを見て知りました。私は、芸術祭を運営する方々や芸術祭に来られる方々と話をしてみたいと思い、会社の夏休みを利用してこえび隊に参加しました。

【活動1日目】男木島 アート作品受付


はじめての活動日は少し緊張していました。でも、スタッフの方々に丁寧に説明をしていただき、一緒に受付をした台湾からのこえびメンバーからもいろいろと教えてもらいながら、受付の活動を覚えることができました。
この日はとても暑い日で、男木島は坂が多い島なので、私が担当した作品に来る前に、鑑賞に来られた方々はへとへとな様子でした。日陰で休憩していただき、設置した扇風機で一緒に涼みながら、なんとかこの暑い日を乗り切りました。
2013年の芸術祭にきた時は、休校していた小学校で展示をされていた思い出がありましたが、移住者が増え、学校が再開されたという話を聞いて、嬉しくなりました。

【活動2日目】豊島 島キッチン


2日目は、豊島のレストラン、島キッチンのお手伝いに行ってきました。
島キッチンは、とっても人気のレストランです。
島のお母さんと一緒にたくさんのお客さんをお迎えします。
この日はあいにくの雨でしたが、みなさん島キッチンのテラスでのんびりとされていました。

【活動3日目】大島 アート作品受付


大島は、はじめて訪れた島でした。
一人で受付をするのは初めてでしたが、1日目を思い出してできました。
大島の作品は、他の島と比べてやはりみなさんじっくりと、何か考え込むように見て行かれる方が多いのが印象的でした。
これまで訪れる機会のなかった大島に来て、この島を知ることができて良かったです。

【活動4日目】女木島 アート作品受付 


最終日は、女木島のとても人気な作品「島の中の小さなお店プロジェクト」の受付をしました。
この作品を訪れる人は多く、卓球のできる作品で遊ぶお客様はとても楽しそうでした。
ここでは、作家さんが作品のメンテナンスに訪れたり、香港のプロジェクトのメンバーが、香港のスイーツを販売していたりしていて、とても賑やかでした。



【活動の合間の作品鑑賞】


高松にも作品があります。この写真は活動の後に寮で仲良くなった台湾のこえび隊メンバーと、高松の北浜alleyの作品を見に行った時の写真です。


また、長期でこえび寮に滞在される方は、活動の間にオフの日もあります。
私は、行ったことのなかった犬島を訪れました。
犬島はすごくのんびりしている小さな島で、島民の方々に作品の説明をしていただきました。
こえび隊の活動を通じて様々な島に行くことができたので、それぞれの島の個性を見ることができたようで楽しかったです。

【こえび寮に滞在して】


こえび寮はこえび隊に参加する人が滞在できる寮です。こえび寮での滞在は様々なメンバーと交流することができて本当に楽しかったです。私が滞在していた時は、台湾からの大学生のメンバーが非常に多かったです。私のような社会人のメンバーもいましたが、夏休みなので大学生が多く、初めは仲良くなれるか心配でした。しかし、共通の趣味の話題で盛り上がり、国籍、年齢問わず一緒に楽しい時を過ごすことができました。

こえび隊の活動を通じて、たくさんの新しい出会いがありましたし、いろいろな島にいくことができました。
次は作品の制作もやってみたいし、秋会期の作品受付にも参加したいと思います。


(文・写真 板谷 幸歩)


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI