Archive

GWサンポート高松は子どもとこえびがいっぱい!

今日でゴールデンウィークも残すところ3日となりました。
みなさん、ご家族で色んなところに出かけていますか?

こえび隊もこえび合宿も含め、毎日島々へ活動に元気に繰り出しています!


高松市のサンポート高松も家族連れで大にぎわい!
ART IN KAGAWAというイベントが開催されています!


もちろん、こえび隊も芸術祭のPRに精を出します!



こえび隊のブースでは「こえびつり」と「こえびぬりえ」と「割り箸でっぽうDEこえびを当てよう」を開催!子ども達に超人気です!


こちらは、えびつり。
かわいいこえびやひとで、くじらやペンギンを釣っていきます!
がんばれ〜



こちらは、こえびぬりえ。
色んな色のこえびが次々と出来上がっていきます!



そして、一番人気は「割り箸でっぽうDEこえびを当てよう」!
かわいいこえびを的に、子ども達が割り箸でっぽうを手に真剣な顔つきで狙います!お母さんお父さんも一緒になって真剣な顔に!!!



こちらが的。
チャンスは3回。
1つ当てればキャンディーがもらえます。
3つ当てると、同イベントで開催されている「かえっこバザール」の子供通貨の「カエルポイント」がもらえます!



隣のブースでは、アーティスト椿昇さんとワークショップ「あかりオブジェを作ろう」が行われていて、こちらも大人気!大人から子どもまで参加しています!



この催しは5日まで。時間は12時〜4時まで行われており、沢山のイベントやワークショップがあるので、是非ご家族で遊びに来て下さいね!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI