Archive

小豆島にて「つぎつぎきんつぎ」

4月24日、25日と、こえび隊の活動に参加してきました。今回は『つぎつぎきんつぎ』と題して、食器を金継ぎの技法で張り合わせ、作品づくりをされる岸本真之さんのお手伝いです。
まずは1日目。みんなでミーティング。左からお二人目が作家の岸本さんです。



さっそく「こえび隊 活動中!」の札を下げ、作業開始です。



私の役割は、島内の皆さんのご厚意で集まってきた食器を、展示会場になる旧JA香川県中山支所まで運ぶこと。食器・・・めちゃ重いです。



食器を持って帰ってくると、会場は力仕事の真っ最中。うんこらせっ!
もちろん、ホコリも元気いっぱいに舞い踊ります。



昼食タイム。
岸本さんを囲んで、話に花が咲きます。ぽかぽか陽気の青空が最高に気持ちいい。



午後も引き続き、掃除そうじ掃除。。
その結果、終了ミーティングの際には、見違えるほど美しくなりました。



ダンボールに詰められ、雑多な感じだった食器たちが、棚の上にきれいに勢ぞろい。
同じ大きさ、形ごとにまとめられて、整然と並びました。




2日目です。まずはみんな揃ってミーティング。今日の作業は、昨日に引き続いての掃除&食器の仕分け作業。蓮舫さんもビックリの厳しい目が光ります。



作品は、こーんな感じ。
島内の皆さんから集まった食器を組み合わせ、高さのある作品やサッカーボールのような作品がたっくさん製作される予定です。
かわいいでしょ♪



さて、こえび隊。
お掃除舞台は隅々まで拭き清めていきます。この後、天井から雪のようなゴミが大量に降りました。バラバラバラ。。



部屋の中の配線取り除き部隊や食器仕分け部隊などに分かれて、みんなめちゃめちゃ働きます!ちなみに私はホテル等から食器をいただいてくる部隊。各社のご厚意で、きれいな食器をたくさんいただきました。




掃除途中に電話がかかると、青空デスクに腰をかけ、雑巾片手にトーク。その間も手は休まずに机を拭き続けてたりします(≧∇≦)



そして終了。窓はピカピカ、床もきれいに水洗い。ブラインドの汚れも取れて、部屋が一気に明るくなりました。こえび隊の皆さん、本当にお疲れ様でした。



ところで、準備段階から芸術祭の様子をビデオ撮りしている香港センスアートスタジオのインタビューで、「芸術祭を前に、今の心境は?」と質問された岸本さん、「うきうきワクワク感が30%、ドキドキ不安感が残り70%。でもいい作品が完成するよう全力を尽くします。」



例えプロのアーティストさんでも、みんな不安。でもそれをバネにして、最善を尽くして頑張ってる・・。何だかとっても大きな勇気をいただいたような気がしました。



岸本さんの作品製作は、5月下旬頃からの予定。
どんな作品になるのか、とっても楽しみです。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

年に1度発行している、こえび新聞。今回は、両面とも船特集です。 ただいま絶賛制作中。ということで今...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI