Archive

5/6 岡山こえびミーティング開催しました!


今回の岡山ミーティングの会場は岡山国際交流センター8階イベントホールです。


まずは会場作りから。

役割分担をして40分くらいで机を片付けて椅子の準備、受付設営、プロジェクターの用意、音響チェック、こえび登録ブースもつくります。



冒頭はこえび事務局の甘利さんから、初めて参加される方へこえび隊の説明をします。

現在までの活動報告や、7/19から始まる芸術祭の運営の概要等を話します。



そして宇野港に制作予定で、現在は大阪で活躍しているアーティスト、淀川テクニックさんのチヌの作品のお話。



そして、じゃじゃーん。岡山出身のご本人登場!



続いて、維新派の方にも登場して頂き、舞台制作やたきだし等、これからこえび隊がお手伝いするお仕事についてお話を伺いました。



ひととおりの説明の後、「こっちが維新派~」「あっちが島活動~」という風に2グループに分かれ、活動参加日時と作業内容の確認、活動参加申し込みを行いました。

「こっちが維新派~」



「あっちが島活動~」



実際に直近の活動日時と時間をお知らせして、その場で申込をお願いしました。また直近の活動には参加できない方も、芸術祭開催期間の105日間のカレンダーをお渡しして開催期間中参加できそうな日を記入していただきました!

そうこうしているうちに終了時刻の21時前!その場にいた方にもお片付けを手伝っていただき、無事終了!そんなこんなな岡山ミーティングでした。

今後も月に1回のペースでこえびミーティングを行う予定にしています。またHPでもお知らせしますのでどしどしご参加下さいね!

写真 こえび隊 金田+文 こえび隊 大垣


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.19が完成しました。 2020年は、第1回目の瀬戸内国際芸術祭が始まってから10年という節目...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI