Archive

【直 島】直島女文楽~鎮守の社 古の舞~

3月30、31日に直島の本村八幡神社の境内で
「直島女文楽~鎮守の社 古の舞~」が行われました!

数日前から毎日欠かさずチェックしていた天気予報・・・。
31日は雨だとずっと予報されていたのですが、なんとかもちました!
スタッフ一同、ほっと一安心・・・。

まずは「三番叟」という、とってもおめでたい演目から。
人形の動きや表情がとても細かくて、終始見入るお客様たち・・・。



間に、大阪文楽座の人形遣い、吉田文司氏による「文楽入門」も。
実際に人形を遣って動かしてみる、という貴重な体験をしたお客様方はとっても楽しそうでした。
体験したお客様から「見た目より重かった」というご意見も・・・。
直島女文楽のみなさん、相当身体を鍛えてらっしゃるんだろうなぁ・・・
と改めて思ったのでした。

最後の演目は「壺坂観音霊験記 山の段」。
人形遣いの方はもちろん、太夫座の語りの方々の熱演も見物。



三公演とも満員御礼!!
若い世代の方やご家族連れも多く、様々な方に楽しんで頂けたようで本当によかったです!



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI