Archive

女木島ナイトプログラム!

週末、女木島で行武さんの作品のナイトプログラム受付をしてきました。

女木島の作品受付は早朝から最終便まで長時間に及ぶため、2シフト制になっていてナイトプログラムに参加するこえび隊は15:30に港に集合します。

もちろん朝と同じようにミーティングをして、えいえいおー!してから船に乗り込みます。

さすがは週末。平日よりお客さんが多くて、めおん号もワイワイにぎやかです。島に着くと、島担当の高坂さんがお出迎え。簡単な説明を受けて、展示場所に向かいます。



ここで前半の受付のこえび隊と交代します。

週末ということもあり、次から次へとお客さんが来られて、あわただしく受付をこなしていくうちに気がつくと、あたりはだんだん薄暗くなってきました。



周りが暗くなってきたら、ナイト用に庭の照明をつけたり、受付周りの照明を用意したり蚊取り線香をたいたり・・・ ナイトプログラムに向けての準備をします。

実はこの日が行武さんのナイトプログラム初参加。



真っ暗な蔵の中に、鮮やかな光の筋や反射がきらめく空間は想像以上。もちろん昼間だってキレイなんですが、夜はもっとすごいんです!!!

お客さんが来るまでの間、ぼーっと見とれてしまいました。



昼に見た方も、チャンスがあれば是非ナイトプログラムに足を運んでみてくださいね。

写真/文:こえび隊 小野


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

年に1度発行している、こえび新聞。今回は、両面とも船特集です。 ただいま絶賛制作中。ということで今...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI