Archive

【豊 島】4 /14(日)お陰さまで10周年!島のお誕生会はクラッシック音楽会でした!

今回はクラッシックの音楽会ということで直射日光を避けて唐櫃岡の公堂で開催です。
こえび隊は朝から張り切って準備開始です。
この旗も実は毎回同じ飾付方ではなく出し物に合わせてパフォーマンスの邪魔にならないように。。など工夫しながら楽しんで飾付をしています。


安全第一!

さて準備万端の午後2時。この日は暑いくらいの良いお天気で、公堂に100人ものみなさんが集まってくれました。みんながワクワク待っている中に4人の弦楽者(バイオリン、ヴィオラ、チェロ)のカルテットが拍手で迎えられ演奏が始ります。
最初はモーツァルト 《アイネ・クライネ・ナハトムジーク》から。
タイトルだけではわからない方もこの曲をきけば一耳瞭然!みなさん聞いたことあるある!というお顔。


アゼリアカルテットのみなさん


子ども達も音の中へ

最初の曲が終わったら指揮者の下野竜也さんが曲や楽器のことを楽しく紹介してくれます。
あまりにも親しみやすくお話をしてくれるのですが、この方。。。日本を代表する指揮者です。



有名なクラシックの曲の他にも、魔女の宅急便の曲「海のみえる街」、「宇宙戦艦ヤマト」から「川の流れのように」まで名曲のオンパレード。マエストロの下野さんの軽妙なおしゃべりと4つの楽器しかないとは思えない音のシャワーであっという間の1時間となりました!
お誕生会の最後はいつもの「ハッピーバースデーの曲」をカルテットのみなさんの演奏と下野マエストロの指揮のもとで大合唱!なんだかいつもより、上手に歌えた気がするのは私だけでしょうか?
もちろんいつものバースデーカードもお渡しします。今月は10人のお誕生月の方をお祝いすることができました!なんとチェロの原田さんも4月がお誕生月ということで演奏する姿をパシャリといただき、バースデーカードをプレゼントしましたよ。




今回のデザートは島キッチンで大人気のイチゴのシュークリーム。40個があっ!という間に完売。お口に入らなかったみなさん、ごめんなさい。。。。




今回のお誕生会は瀬戸芸のことを色んな所で紹介してくれているホッピービバレッジ株式会社の石渡社長さんがカルテットのみなさんやマエストロと瀬戸内の取材に来るタイミングがバッチリ合ったことで実現しました。
ちょうど10周年の節目にこんなにすごい音楽家のみなさんにお誕生会に来てもらえて
たくさんの島のみなさんと記念すべきお誕生会を迎えることができてこえび隊は感無量です!



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI