Archive

【豊 島】4/3(水) 初仕事は新聞配達!

春は新たな出会いの季節、こえび事務局にはこの春2名の新人スタッフが入りました!

今回はご挨拶と初めての活動をご報告します!



この春からこえび事務局に入りました、塩山晶子(しおやま・あきこ)と申します!

熊本県出身、この春東京から高松市に引っ越してきました。
2010年 学生の頃に芸術祭に出会い、
こえび事務局としては、2013年、2022年にも参加していました。

懐かしい景色や仲間に再会できて心弾む春です。
新人として帰ってきましたので、フレッシュな気持ちで頑張ります!
皆さんどうぞ宜しくお願いします!


今回は、豊島で4月3日に行いました「島キッチン新聞 2024年4月号 配達」の活動報告です!
島キッチン新聞は、島のみなさんに島キッチンや島内の出来事、芸術祭のことなどをお知らせする手作りの新聞です。毎月手書きで作成して、豊島全戸に配ります。

今回の島キッチン新聞で島のみなさんにお届けした新聞の主な記事はこちら

  • 4月14日のお誕生会のお知らせ
  • 3月のお誕生会の開催報告
  • 今月の棚田の様子(毎月お知らせしています)
  • 島の方対象 島キッチンのお弁当販売日のお知らせと注文票(4月はロースカツ弁当と、鶏そぼろと焼き鳥弁当の2回!)

桜の開花にぴったり重なる、最高の時期の活動
「お昼休憩にお花見しよう!」なんて計画していましたが…


この日はあいにくの雨!




配り始めると…地図が濡れてボロボロに


応急処置の雨カバー

足元が悪い中で、大変でしたが
今日は全8名のこえび隊が配達を行ったので
なんと開始6時間で全てのお宅に配り終えました!(過去最速記録更新では!?)


今日心に残ったエピソードを一つ紹介します。
お昼ご飯の時に徳島出身のこえびさんから、
徳島での春の伝統文化について教えてもらいました。


4月3日は「遊山(ゆさん)の日」と言うそうです。

徳島県では桃の節句(旧暦の3月3日)に子どもたちが
「遊山箱」という小さな手提げ重箱を持って、野山などに遊山する
風習があるそうです。
これはもともと、春の農業の始まりの時期に田んぼの神様をお迎えするお祭りだったそうです。


徳島こえびさんの「遊山箱」

悪天候で残念ながら遊山はできませんでしたが
少しでもその気分を味わえるようにと
「お団子」や「和菓子」の差し入れをいただきました。


来年の春は「瀬戸内国際芸術祭2025」が開幕します!
田んぼの神様のお力も借りるべく
みんなで遊山リベンジしようと誓いました。


次回の活動報告では

もう一名の新人スタッフをご紹介!乞うご期待!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI