Archive

【本 島】2/23(金・祝)-24日(土)作品開館をしました!

この2月、丸亀市の離島航路運賃無料キャンペーンが開催されています。
本島汽船株式会社(丸亀~牛島~本島)、備讃フェリー株式会社(丸亀~広島~小手島~手島)、六口丸海運有限会社(児島~本島)の島へ渡る船が無料になるという画期的かつ太っ腹な企画。
昨年度から実施し、大変好評だったそうです。

そこで、瀬戸内国際芸術祭の作品を2月23日(金・祝)-24日(土)の2日間、一般公開しました。


7:20。丸亀港に集まったのは、こえび隊の面々と丸亀市職員、実行委スタッフ。そして地元、丸亀市の高校生・大学生ボランティアのメンバーです。この2日間、こえび隊と学生が一丸となり、お客様をおもてなしします。


円陣を組んで朝礼。まずは自己紹介をしてエイエイオー!

フェリーに乗って、本島にきました。8:15朝礼。そして車で作品へ移動します。
開館作業と掃除で準備万端。開館時間は9:30-14:00です。


初日は神戸から大学生が手伝いに来てくれました!遊撃に任命!


作品に到着したら受付の準備です。


準備が整ったら開館です。


船が到着するたびにチラシを配布します。拡声器で大宣伝です。


アーティストの藤原史江さんも駆けつけてくださいました。


藤原さん自らの作品解説でお客さんも感激していました。


高校生も大活躍!お客さんに作品を丁寧に案内してくれました。


合間で最近の話に花が咲きます。


地元の方々も多く鑑賞してくださいました。


本島の道は歩く人でたくさん!


閉館時にはチームプレーが抜群に。手分けして精算作業をします。


14:50臨時便のお客さんへ送り旗でお見送りです。


手を振る姿が小さくなっても旗を振ってお見送りしました。

2日間、いろんなメンバーが協力して多くのお客様にアート作品を楽しんでいただきました!
お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。
高校生ボランティアの皆さん、ぜひ、こえび活動にも参加してくださいね!


2日間、抜群のチームプレーでした!頑張りました!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI