Archive

【男木島】1/28(日)作品展示会場周辺の環境整備をしました!

朝一番、やる気満々!


全国的に真冬の寒さが続いた週末、男木島の大岩オスカールさんの作品「部屋の中の部屋」には、頼もしいこえびさんが勢ぞろい!展示会場となっている家屋周辺の環境整備をしました。
家屋周辺には、草が伸びて木が生い茂っていました。
木の成長が落ち着いたこの季節に、一気に刈り取る作戦です!


夏の会場周辺の様子


草木の作業に慣れたこえびさんがたくさん集まってくれたこの日、
初めて参加したこえびさんに、のこぎりの使い方から伝授。
作業が進むに連れて、工具にも慣れてきたようで、おしゃべりを交えながら楽しく活動しました♪
そしてみんな上着を一枚、また一枚と脱ぎ始めました。
この日は暖かい日となり、少し汗ばむくらいでした。


装備は万全!作業はお手の物です


刈り取った木は短く切ってまとめます


落ち葉や草も最後まできれいに!


軽トラ一台分!



作業は順調に進み、午前中には終了。きれいに整備したあと、みんなで作品鑑賞をしました。


作品説明をしてくれる、ガイドもできてしまうこえびさん


お昼を挟んで、希望するこえびさんだけ島に残り、せっかくなので男木島灯台まで歩いて行きました。


道中、どんぐりを拾うこえびさん


かっこいい!男木島灯台


水仙が満開になるのはもう少し先のようでしたが、灯台周辺から見える海の景色や、灯台資料館を楽しんで帰りました。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI