Archive

【大 島】2/10(土)-2/12(月) かんきつまつり3days開催!

今年も大島でかんきつワークショップを開催しました。2010年2月から毎年続いているこえび活動で、甘夏マーマレードジャムにしたり、文旦をシロップづけにしたりするワークショップで「かんきつまつり」と呼んでいます。


今年は、4年ぶりに収穫から行いました。いつもお世話になっている、入所者の野村さん。


野村さんが育てている甘夏の木は、2本あり、両方とも大島に入所されていた方の木で、今は野村さんが受け継いで大切に育てています。
たわわに実った甘夏は、今の時期に収穫しマーマレードにするのにぴったり。皮にたくさんの水分が含まれているからマーマレードにするとおいしく仕上がるんだそう。野村さんは4月下旬ごろに収穫して、「実を食べるんが楽しみなんじゃ」と教えてくれました。さっぱりしていて美味しいらしい。



今回は甘夏の木のすぐ近くの文旦もいただきました。文旦の木は低かったので、ファミリーで参加していたこえびさんたちにお任せしました。


30分ほどで収穫(いつもあっという間に終わってしまう)が終わり、シヨルへ運びます。子どもたちも大人と同じように運びたいのです。


加工作業をする前に、納骨堂へ行ってご挨拶です。2日目以降は、納骨堂へご挨拶したあと、収穫した甘夏の木のところへみんなで行って、「あの木から収穫したんですよー」「もともと入所者の方の木で、今は野村さんが受け継いで育てているんですよー」と、収穫から参加できなかったこえびさんたちにも伝えました。


3daysの工程は以下の通り。シヨルの中は、1日中かんきつのいい香りが漂っていました。
1日目
①甘夏、文旦を洗う
②文旦を4等分か8等分に切って、文旦サワーづくり(文旦に米酢とザラ糖を入れてつくります)
③甘夏をしぼり、皮を刻む 
本日のおやつ 去年つくった甘夏マーマレードジャムが入ったパウンドケーキ


2日目
①切り刻んだ甘夏の皮を煮込んでいく
②甘夏カラメルソースづくり
③文旦サワーづくり
本日のおやつ できたてほやほやの甘夏マーマレードジャム


3日目
①切り刻んだ甘夏の皮を煮込む(前日のつづき)
②甘夏カラメルソースづくり
本日のおやつ できたてほやほやの甘夏カラメルソースをバニラアイスにかけて


3日間開催したので甘夏も文旦も全て仕込むことができました。春になったらカフェ・シヨルも再開予定。お菓子やドリンクにして提供します。
大島の野村さんが育てた甘夏や文旦を味わいに、ぜひいらしてください。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI