Archive

【沙弥島】12/16(土) 南条嘉毅さん作品会場 植栽メンテナンスをしました!

12/16(土) 南条嘉毅さん作品展示会場 植栽のメンテナンスを行いました。
この日のミッションは、家屋の2階の三角屋根にびっしりと絡みつくツタの撤去と庭の竹の片付け作業です。
二手に分かれて作業しました。


7月のメンテナンス直後のツタの様子。

まずはツタ班。夏場に生い茂っていたツタも、冬になってだいぶ勢力を弱めています。
今が撤去のチャンスです!


作業前の現場確認。

そして竹班。
門から玄関までの庭に生い茂る竹は、一歩踏み込んだだけでまるで森に迷い込んだかのよう。
こちらも、夏の間に伐採したり、枯れたり倒れていたりするものを片付けて行き、作品入口の動線を確保します。


まるで森の中のよう!

竹やぶの片付けチームが休憩中に、ツタ取りの様子をみると、今まさに絡み合う大きなツタの塊を引きずり降ろそうというところ。
「大きなカブみたいだ!」と口々に叫び、みんなで駆け寄りました!


みんなで、よいしょ!

風の強い日でしたが、作業中は、寒さを感じることもなく過ごすことができました。
身体がぽかぽか温まって、どんどん上着を脱いでいく人もいたほどです。


作業完了!がんばりました!

みんなで精を出し、手際よく作業したかいあって、なんとこの日は2時間で作業終了!

時間があるので、みんなで建物内に入り状態確認もしました。
次回の公開は未定ですが、公開前にはまただいぶメンテナンスが必要そうです。

春になればまた草木の勢いも復活するので、これからも定期的にお手入れをしていきたいと思います!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI