Archive

【男木島】12/9(土) 島つなぎプロジェクトに参加しました

男木島では今年、女木島、男木島、大島をつなぐプロジェクトが始まりました。
「島つなぎプロジェクト」は、高松市近郊の主に子どもさん連れの家族を対象に、地域の魅力を体験し、地域課題を解決しながら島の方と交流する、というイベントです。

これまで、8月に女木島と男木島、9月に大島と男木島で開催されました。
●第一弾「女木島と男木島であそぼう!」の詳細はこちら
●第二弾「大島と男木島であそぼう!」の詳細はこちら

今回は第三弾「男木島であそぼう!」です。
主に高松市近郊から、未就学児の親子が参加されていました。
旧保育所周辺をフィールドに、森遊びや芋煮や焼き芋をしました。
希望者には、瀬戸内国際芸術祭の作品鑑賞ツアーにも参加していただきました。


漁師さんにロープワークを教わりながら手作りのブランコで楽しみました


旧保育所内では松ぼっくりでツリーやリースをつくりました


火をおこして芋煮や焼き芋の準備です


うどん入りであたたまります!


ホクホクで絶品の焼き芋は、もちろん男木島のさつまいも


作品鑑賞ツアーでは「男木島パビリオン」「アキノリウム」「瀬戸で舞う」の3作品を鑑賞してもらい、我らがこえびガイドが出動しました。
天気もよく、穏やかな一日となったこの日。みなさんじっくり鑑賞してくださり、あっという間に時間が過ぎました。


「男木島パビリオン」では絶好の撮影タイム!


「瀬戸で舞う」で熱心に説明を聞いてくださるみなさん


イベント開催後のアンケートでは、
・こどもと気軽にアート鑑賞ができたことや、外で思いっきりあそべたこと、とにかくこどもが楽しそうだった!
・いろんな体験ができ、夕方までたっぷり遊べて本当に楽しかった!
などの感想があったようで、参加されたみなさん充実した時間を過ごされた様子でした。



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI