Archive

【豊 島】12/10(日)年末恒例!しめ飾りづくりなお誕生会!

12月のお誕生会は、毎年恒例のしめ縄&しめ飾りづくりワークショップ。
豊島のしめ飾りづくり名人に教えてもらって、とにかくやってみよう!
ということで、今年も秋に収穫した稲藁を取っておいていただき、ハザ掛けして干したものを提供してもらいました。



お誕生会の日の朝、会場に着いたら早速稲藁を取りに近所の名人のお家まで取りにいきます。
そして会場にブルーシートを広げ稲藁のお掃除からスタートです。
きれいな藁の束ができたら使う前に、お湯をかけます。
これは藁を柔らかくするのと、緑色の発色をよくするためだそう。
ブルーシートに包んで、しばし蒸らします。



一方その頃会場内では、飾りつけやお掃除、床の養生が着々と進んでいます。
そして、お誕生会の参加者のサポートが出来るように、こえび隊も島の方からレクチャーを受けます。
最初は「縄をなう」ってどういうこと?となっていましたが少しづつ要領が分かってきました。
意外な器用さをみせたのはこの日、音響係で来ていたスタッフ。
アレンジを加え、縁起の良い亀やオリジナル海老を作っていきます。


なう??とは?


めがね!


音響担当作の海老と事務局スタッフ作の亀!

さて、お誕生会は14時からスタートですが、この日は来た方から順番にしめ縄づくり。
一人、また一人と公堂に集まってきます。
10人くらいの方が集まってくれた所でしめ飾りの形や最後の飾付について説明します。




3年前!


すっかり上手になりました!


みなさん、最初は上手くできない。。。と言いながら一つ目を作り、二つ目でコツを掴み
三つ目で満足いくものを仕上げて、完成!
お一人、平均3~4つのしめ飾りを熱心に作っていました。
去年や一昨年はちょっと体験してみたいという方が多かったのですが3年目ともなると
お家やお店に飾るものを作りに来てくれているようでした。


みんな夢中!


飾りも色々。仕上げも楽しい!

その他にも通りかかりの観光客や外国の方も覗きに来てくれ、「縄をなう」体験して帰られました。
12月とは思えないぽかぽか陽気の中で今年も立派なしめ縄、しめ飾りがたくさんできました!


12月のデザートはショートケーキでした!
豊島のいちごとあまーいクリームがベストマッチ。
紫のお花は島キッチンのお庭のローズマリー。可愛くて美味しいケーキになりました。


島キッチンのシェフの力作!

来月は1月14日(日)の予定です。
ゲストはコマ回し大道芸人の「komatan」です!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI