Archive

【女木島・男木島・沙弥島】7/13(木)-15(土) メンテナンスウィークでした!

7月中旬、各島ではメンテナンス作業が行われました。
この時期は、日に日に成長する草との戦い。そう、恒例の大草刈り大会です!

7/13(木)まずは女木島。
この夏公開される作品以外も、あわせて定期清掃を行いました。
小谷元彦さんの作品「こんぼうや」も丁寧に草抜き。


ビフォー


アフター


この夏公開予定の、ニコラ・ダロさんの作品「ナビゲーションルーム」
お庭を中心にメンテナンス。草抜きをして、植栽もきれいに刈り込みました。


ビフォー


アフター


翌日の7/14(金)、この日は男木島です。大岩オスカールさんの2作品の定期メンテナンスです。
坂 茂さん建築の会場周辺の草刈り。


ビフォー


アフター


そして慎重に、丁寧に窓の掃除をしました。窓をきれいにすると、建物の中に入って来る光が違い、とても明るく感じました。



そして7/15(土)は、沙弥島にある南条嘉毅さんの作品「幻海をのぞく」の会場周辺の草刈り。
これが大物!
鬱蒼とした建物は、入口と出口もわからなくなるほど草木に覆われていました。
ですが、みるみるきれいになり、予定時間より早く作業を終わらせることができました。
みんなスッキリ!


みんなで「せーの!」


高い場所も協力しあって伸びきったツルの刈り取り!


ビフォー


アフター


沙弥島の今年の作品公開は未定ですが、しばらくキレイな会場だと信じています!
次の草刈り大会はどこの島かな?
目に見えてスッキリきれいになる草刈り大会に、次回も是非ご参加くださいね!



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI