Archive

Koebi activities for the first time in four years! 4年ぶりのこえび活動!

2013年からこえび活動を始め、2016年は女木島や男木島で遊撃スタッフとして活動していた香港のトウくんが4年ぶりに帰ってきました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

It has been four years since my last visit in Setouchi in 2019. The world turned upside down during the pandemic, and I wondered how things have been going on with my friends from Koebi-tai, as well as people living on the Setouchi islands. Finally, after a long wait, the international borders are open again, and I have got the chance to take leaves from work, travel to Takamatsu, and join Koebi-tai again.

2019年を最後に瀬戸内を訪れてから4年が経ちました。パンデミックで世界は一変しましたが、こえび隊の仲間たちや瀬戸内の島々に住む人々の様子はどうなっているのかと思っていました。長い間待った後、ようやく国境が再び開き、仕事を休んで高松に旅行し、再びこえび隊に参加する機会を得ました。

The reunion with Koebi-tai staff members assured me that everyone is fine. On the first day we went to Megijima to remove weeds and clean up at three different art sites. These were new artworks in Setouchi Triennale 2022 that I had not seen before. The experience of watching Nicolas Darrot’s Navigation Room returning to life after some maintenance was particularly moving.

こえび隊のスタッフと再会し、みんな元気で安心しました。初日は女木島へ行き、3か所のアート作品の草抜きと清掃を行いました。これらは瀬戸内国際芸術祭2022の新作で、私は初めて見ました。ニコラ・ダロのナビゲーション ルームがメンテナンス後に復活したのを見た経験は特に感動的でした。



On the second day we went to Ogijima for similar works for the two pieces by Oscar Oiwa. Ogijima Pavilion (architecture by Shigeru Ban) occupies such a great location with a fantastic view that even just performing the cleaning task there was enjoyable. At Oiwa’s
The Room Inside of the Room, I was astonished to learn that the weeds grew really fast. The fact that it is always in a perfect state when it is open to public means that staff members and volunteers must have put a lot of effort tending it.

2日目は男木島へ行き、大岩オスカールの作品2点の草抜きと掃除をしました。男木島パビリオン(建築:坂茂)は、眺めがとても良く、掃除をしているだけでも楽しかったです。大岩さんの「部屋の中の部屋」では、雑草の生えるスピードが早くて驚きました。いつも完璧な状態で公開されているということは、こえび隊のスタッフやボランティアの方々が大変な努力をしていることを意味します。


In spite of the hot weather, it was cloudy on these two days, and I did not find any discomfort. The ultimate remedy to body heat? A watermelon ice bar!

この二日間は暑いにもかかわらず曇り空で特に不快感はありませんでした。究極の熱中症対策?スイカアイスバー!


The worst of the pandemic has been over. A few businesses on Setouchi islands are gone, and the new ones emerge. Local people look genki, and the scenery is as beautiful as ever. I cannot wait to come again in the future.

パンデミックの最悪期は終わりました。瀬戸内の島々でいくつかのビジネスが消滅し、そしてまた新しいビジネスが台頭します。地元の人々は元気そうで、景色は相変わらず美しいです。近い将来また戻ってくるのが待ちきれません。

(Written by Simon Tu 文:トウ・シモン)


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI