Archive

【豊 島】7/16(日)は豊島横尾館へ出張お誕生会でした!

7月20日で「豊島横尾館」が10歳を迎えるとのことで、久しぶりに出張お誕生会を開催しました!
3連休の真ん中の日だったので横尾館を開館しつつ、13時30分から15時までの間お誕生会会場として母屋を使わせていただきました。
高松と宇野のこえびさんが集合したら、開館前の横尾館で持ち場の確認です。



今回の受付は「オカダヤ」さんの一角を借りて作りました。
いつもの誕生会とは違うことが色々あったので、しっかりみんなで打合せをして臨みます。
受付時間が来たら、参加者と分かるように名札を渡したり、数を把握するための整理券を渡したりしつつ
中の準備ができたら、参加者を横尾館内に誘導します。



予定通りに客入れも完了し、お誕生会のスタートです。
遊興亭 福し満さんによる「死神」。
この横尾館の作品の前で聞く「死神」は絶品でした。30分の演目でしたが知らず知らずの内にお話の中に引き込まれて。。。
蝋燭の消えた後は誕生!という訳で演目の後はいつものハピーバースデーの歌とバースデーカードのプレゼント。
7月生まれの島の方6名と島外の方1、そして横尾館と6月がお誕生月だった横尾さん(勝手に)お祝いしました!



終了後、お誕生会に参加してくれていた島の中学生が終了後におずおずと近寄ってきて
「落語が大好きで、生の落語が聞けて嬉しかったです」と話かけてくれました。
自分でも落語をやってみたいな。と言っていたので、今後の彼に期待したいと思います!


今月のデザートは大島のカフェシヨルで出しているこえび隊の手作りのろっぽう焼き。
そして、とても暑い日なのでオカダヤさんのアイス券も一緒に。



遂に梅雨が明けて、夏がやってきた日で、強い日差しの中での活動だったので
お片付けの前に、みんなでアイスタイムを取りました!
来月は島キッチンのテラスに戻ってお誕生会です。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI