Archive

【全 島】暑い夏会期が終わりました!

8月5日から始まった夏会期は、9月4日に終了しました。(大島は8月15日からでした)
夏会期の31日間、瀬戸内は天候にとても恵まれました。たくさんの汗をかきながら、暑い中活動に参加してくださったこえび隊のみなさん、企業ボランティアや香川県庁OBのみなさん、本当にありがとうございました。


夏会期のこえび隊事務局とこえびさんたちの様子を振り返ります。


7月20日前後から夏会期に向けて、こえび事務局の運営チームが集結し、慌ただしい日々が始まりました。
小豆島の作品受付が始まり、豊島、女木島、男木島は新しい作品が増えました。
まずは、こえびさんたちが持って行く受付バッグの制作です。



春会期から公開している作品のメンテナンスや夏会期に向けての公開準備もしました。今年は草刈りの現場がたくさん!


こうして、こえびさんたちのお手伝いがあり、アート作品の維持・管理が行われています。お客さんに見ていただける環境を整えるために、芸術祭の各会期を迎える前に行なっている活動です。




夏会期が始まった各会場の作品受付は、夏休みということもあり、地元の高校生や大学生が大活躍。宮崎県から来てくれた高校生、関東から長期で活動に入ってくれた留学生など、県内外から参加してくださったみなさんに支えられました。


そしてずっと参加してくれているベテランこえびの活躍も素晴らしかったです!


また、こえびさんたちの宿泊施設Webase高松では、宿泊しているこえびさんたちとプチ交流会をしました。前回の芸術祭に引き続き、寄せ書きも始まりました。


今年の夏会期は、2013年のときに豊島担当だったスタッフが9年ぶりに帰ってきてくれました。2013年にこえび活動に参加した方は、懐かしかったかもしれませんね。こえび隊のインスタグラムの動画をほぼ毎日編集し、発信してくれていました。

そんな彼女が、最終日の朝ミーティングのえいえいおーで言っていた言葉。
「こえび活動をしていて、一番嬉しい瞬間があります。それは、こえびのみなさんや島の方に、『おかえり』と言っていただけることです。夏会期は今日で終わりですが、秋になったらみなさんぜひ『ただいま』と言って帰ってきてください。芸術祭はまだまだ続きます。」

夏会期に引き続き、秋会期もこえびさんたちの「ただいま」が聞けること、そしてまたたくさんのこえびさんたちと出会えることを楽しみにしています。

秋会期はもうすぐそこ。こえび隊の活動はまだまだ続きます!




こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.20が完成しました。今回のこえび新聞は、船・船・船! 外面は、こえび隊がセレクトした瀬...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI