Archive

【高見島】6/11(土) 野村正人さんのお手伝い 竹の整理がついにファイナル!?

高見島にある野村正人さんの作品「海のテラス」。作品のタイトルの通り、海を一望できるテラスがあり、そこで食事もできるレストランです。
作品の公開は秋会期からですが、テラスの目の前に竹がたくさん伸びてしまっていたので、今の時期に作業を始めようと、先月から竹の伐採が始まりました。

これがなかなかのハードな活動で、でもそんな中毎回参加してくださったこえびさんもいました。
ありがとうございました!

竹が伸びていたころの写真とともに作業中の様子をお届けします。



こちらの写真は、6月4日(土)のとき。淡竹(ハチク)がまだたくさん生えているのがわかりますよね。
これを刈っていきます。


刈った竹を下へ下ろし、そして竹の枝を落とす作業です。かなりの量!!


こちらは6月11日(土)。竹が全て刈られてスッキリしました。あいにくの雨の中での作業でしたが、野村さんチームのみなさんも参加し、雨が激しくなるころには作業も終了しました。

これでついに竹の伐採&整理もファイナルとなりました。みなさんありがとうございました!



男性陣は竹切り、女性陣はテラスやテラスの周辺の整備をしました。しばらく使っていなかったテラスを磨いたり、掃き掃除をしたりしました。



雨の日のときは、草抜きをしました。抜いた草はゴミ袋10袋くらいに!秋会期までに草が生えないと良いなと願いつつ(でもきっと生えるだろうな)、綺麗になったテラスの周りを見て達成感が湧いてきました。
そして、秋会期に公開のケンデル・ギールさんの作品の基礎づくりも行われていました。(写真の奥にある木で囲っているのが基礎です。)こちらの作品も楽しみです。


最後にみんなで記念撮影です。雨の中お疲れ様でした!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.20が完成しました。今回のこえび新聞は、船・船・船! 外面は、こえび隊がセレクトした瀬...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI