Archive

【豊 島】3/3(木)-4(金)大島のかんきつ祭in島キッチン

薄く刻んだ甘夏の皮がボールにいっぱい

毎年大島で行なっているかんきつ祭。昨年はスタッフだけでしたが、今年は久しぶりにこえびさんたちと一緒に開催しました。場所は大島ではなく豊島の島キッチンです。


野村さんの甘夏の木


カフェ・シヨルにたくさん届きました

今年も入所者の野村さんからたくさん届いた甘夏。無農薬の美しい甘夏です。大島の甘夏の木は、野村さんが先輩の入所者さんから引き継いでずっと育てています。いつもは収穫するときに野村さんのご指導の元とらせていただいていますが、今年は職員さんが収穫したものを届けてくださいました。


島キッチンでのかんきつ祭は、マーマレードジャムにしたり、カラメルソースにしたり、米酢とざらめを使ってシロップ漬けにしたり、と祭な2日間。
作業中、私たちはもちろん、ガイドツアー中に島キッチンに立ち寄ったスタッフやキッチンのテラスのいちじくの剪定作業をしていたスタッフが「いい香り〜」と何度言ったことか。


コトコト1時間以上煮詰めて完成しました(写真は途中です)


2日間とも参加していた高校生のこえびさんはお菓子作りに慣れているということで、2日目の作業をお任せし、みんなに工程を伝えてくれていました。とっても頼もしい!!


大島に行ったことのないこえびさんもいたので、大島がどんな島なのか、甘夏を育てている野村さんのお話もしました。
完成したマーマレードたちは、今後おしゃれなお菓子に大変身し、カフェ・シヨルに登場予定です。楽しみにしていてください。


瀬戸内はいま、柑橘が旬!島キッチンにもたくさん届いています


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.20が完成しました。今回のこえび新聞は、船・船・船! 外面は、こえび隊がセレクトした瀬...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI