Archive

【女木島・男木島】作品の大掃除をしました!

4月は久しぶりに、女木島と男木島でこえび活動がありました!
長い間お休みしている作品や展示場所は、定期的にメンテナンスが必要です。
今回は、たまりにたまったホコリを取ったり、展示場所周辺に伸び始めた草を刈ったりしました。

まずは女木島。



きれいに見える作品内でも、隙間から入った葉っぱやクモの巣、砂埃がたまっていました。
誰も触っていない手すりなども埃っぽく、雑巾できれいに拭き取りました。
窓や壁も水ぶきをしてスッキリ!




「島の中の小さなお店」プロジェクトの作品は、1日がかりの作業となりました。
汚れを防ぐためにしている養生シートをはがし、雑巾などを使って丁寧に拭き掃除。
床は、掃き掃除とモップ掛け。などなど、作品も多く建物も広いので掃除の内容はたくさん!
作業のあと、せっかくなのでみんなで卓球大会をしました!
音の鳴る卓球台からは軽やかな音が鳴り響きました。

そして、男木島の作品の大掃除の日。
いつも活動に参加してくれている、石川 裕介くんから報告いただきました!
-----------------------------------------------------------
一年以上ぶりの男木島作品メンテナンスは、マスク、検温、ソーシャルディスタンスとコロナ対策バッチリでスタートしました。
新しくなっためおんに乗り、いざ上陸!
久々の作品達ですが、ドキドキしながら扉を開けるとビックリ!



島の植物達のたくましさを感じずにはいられないほど、緑に溢れていました。また、作品が設置されている建物内も、長らく人の出入りがなかったので床がザラザラ…



一人では呆然としそうですが、こえび隊のみんなでやるなら大丈夫。言葉は少なくとも見事なチームワークで、自然とソーシャルディスタンスを保ちながらの作業でした。
途中、通りすがりの島民の方から「掃除大変でしょう?」という声をかけていただく場面もあり、心の距離感はこれまで通りでとても嬉しかったです。
そして、なによりみんなで汗をかいてやる作業は楽しい!

ART SETOUCHI2021春の女木島、男木島の作品公開は残念ながら中止になりましたが、次回の公開日にもまたみんなで協力してピカピカの作品でお待ちしています!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.19が完成しました。 2020年は、第1回目の瀬戸内国際芸術祭が始まってから10年という節目...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI