Archive

【豊 島】4/11(日)「島のお誕生会」を開催しました!

4月のお誕生会は「けん玉で遊ぼう!」ということで、
宇野港から、けん玉名人の青木勇さんをゲストに迎え、開催しました。


ゲストの青木勇さん

冬の間は、島キッチン近くにある唐櫃公堂で開催していたお誕生会ですが、
春になったので、久しぶりに屋外、島キッチンのテラスで開催です。

春先はまだまだ天候によって気温が大きく変わる季節ですが、
よかった!ぽかぽか陽気、絶好のお誕生会日和となりました。


柿の木の若葉も目に鮮やか。

こえび隊も会場準備に熱が入ります。
テラスをカラフルな紙花や三角の小旗で飾るのです。
この日は、こえびさんが持参してくれた紙テープも飾ってみました!


いい感じです!

看板を作成して、受付の飛沫防止シートも華やかに飾りました。



午後2時、開演です!

お誕生会は青木さんによるけん玉パフォーマンスからスタート!
軽快にけん玉を操りながら、けん玉の歴史や技の説明もしてくれました。


見事なけん玉さばき!食い入るように見つめました。

その後、みんなで立ち上がって、けん玉に挑戦です!
(青木さんが、けん玉をたくさん持ってきてくれていました)

青木さんにけん玉の持ち方から教えてもらい、まずは大皿に乗せるところから。
簡単そうでこれがなかなか難しいんです…


何度かやってみるうちに、あちこちで声が上がり始めます!
「できた!」「やった!」「すごーい!」

できるようになったら、次はけん玉の先に玉を刺す「とめけん」にチャレンジ。


青木さんが一人一人の様子をみながら、コツを教えてくれます。
するとまた、あちこちで歓声や笑い声が響きます。


最後は、会場のみんなでけん玉豊島チャンピオン決定戦です!
今日覚えた技を1回、2回、3回と続けていくのですが、失敗したらそこで終了。
けん玉を落とすことなく、いちばん長く続けられるのは誰かを競いました。


とめけんのチャンピオンは島のお母さん!

みんなで夢中になって遊んで、お誕生月のみなさんのお祝い。

小さな集まりでしたが、久しぶりにテラスににぎやかな歓声や笑い声が響き、
島キッチンも春らしい輝きを取り戻したような一日となりました。


雑草も、もりもり成長する季節ですが、テラスがみんなの憩いの場となるよう
手入れを続けていきたいと思います。


それでは…次回のお誕生会もお楽しみに!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.19が完成しました。 2020年は、第1回目の瀬戸内国際芸術祭が始まってから10年という節目...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI