Archive

【豊 島】3/7(日)島のお誕生会で獅子舞!?

3月のお誕生会は「無病息災!段ボールの獅子頭を作ろう!ワークショップ」
「獅子舞」は、大変縁起が良いものとされ、無病息災・五穀豊穣等の願いを込めて
行われているさぬきの郷土文化のひとつです。
そして、獅子はしばしば、子どもの頭を噛みます。

ん?噛むの?


「獅子が頭を噛む」のは霊獣の力により「魔(病気)を払う」「神がつく(噛みつくの駄洒落)」という事で縁起がいいとされ広まったのだと思われます。(もちろん、子どもはギャン泣き)そんなこともあり、獅子でコロナをやっつけろ!という気持ちで開催しました。

さぁ、ワークショップに向けて準備、準備!!



段ボールのキットを組み立てて、獅子頭(ししがしら)を量産していきます。



今日は三木町から獅子連もやってきて、獅子を遣います。
今回、近所のおばぁちゃま(推定年齢90歳)が通りかかりに教えてくれるには「昔はおったんよー、懐かしいわー。」とのこと。とは言え、ここ何十年かは豊島で馴染みのない獅子舞なので、子ども達が怖がり過ぎないよう、こえび隊の持っている段ボール獅子頭で遣かってもらうことに。
でも獅子連のみなさんが「本物のお獅子も見て欲しい!」とのことで練習用の頭(かしら)だけ持って来てくれました。ワークショップ用の見本の獅子頭は本物を真似て作ってみました!



さぁ、準備万端です!今月もみんな来てくれるといいな。。。
毎回恒例ですが開場前のドキドキが止まりません!



誕生会は14時開始。
13時30分の開場とともに一人、また一人と集まって来てくれました。
通りがかりの観光客のお子さんも参戦。お父さんが誕生月でした!

そこここで、真剣な面持ちの獅子職人が腕を振るっておられます。







できた!!油単(獅子の体の部分の布)もついて、完璧な仕上がりです。
あ、そうそう「こえび獅子」の油単は豊島で使わなくなった大漁旗をいただき、縫い合わせて作ってるんですよ!



最後は完成した自分の獅子で一緒に獅子舞です!コンコンチキチ!コンチキチ!
男の子たちはJoin!って感じですが、
女子たちは、「キャー!!」と逃げたり、おもむろに、無言で机の下にもぐったりと反応はぞれぞれ。
それを微笑ましく見るおじいちゃん、おばぁちゃん達がいて、とっても良い空間になりました。


バースデーソングとバースデーカードのお渡しが終わったらお楽しみデザートの時間。
島キッチンの竹内さん渾身の「ひし餅風ロールケーキ」
抹茶とプレーン生地のロールケーキの中に豊島のいちご!



3月生まれのみなさん、おめでとうございました!
来月はテラスで開催できますように。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.19が完成しました。 2020年は、第1回目の瀬戸内国際芸術祭が始まってから10年という節目...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI