Archive

【大 島】12/11(金) 大島のみなさんへお餅を届けしました!

2010年から毎年大島で開催していたもちつき会。今年は新型コロナウィルス感染防止対策のため行えませんでした。もちつき会は中止になってしまいましたが、お餅が大好きな大島のみなさんに、お餅を届けたいなあ・・・と思い、大島青松園の職員さんに相談したところ「配っても良いですよ」とお返事をいただいたので、豊島の島キッチンでお餅をつくることにしました。



島キッチンのお母さんたちと私たちスタッフ合わせて5人で、大島のもちづくり大会を開催しました。
お母さんたちは、以前の大島のもちつき会に手伝いに来てくれた方です。

あんこを丸め、さつまいもを切り、もち米を蒸し、機械でもち米をついていきます。
(さつまいもを入れると柔らかくなるので毎回欠かさず入れています。)
つき終わったお餅も機械に入れて、同じ大きさに切っていきます。

お餅をつくった次の日は、豊島内向けに毎月行っている島キッチンのお弁当日でした。せっかくなので、大島のお餅をつくるのに合わせて、お弁当を注文した方へサプライズでつぶあん入りの白餅をプレゼントすることにしました。

お母さん:「大島のみなさんは、お餅が好きなんやな〜」
こえび:「そうなんですよ。でも、豊島のみなさんもお餅は大好きでしょ〜?」
お母さん:「お弁当を注文した方も、お餅貰ったら絶対嬉しいわよ」
こえび:「そうですよね!サプライズですもんね!」
と、大島や豊島のみなさんの喜ぶ姿を思い浮かべながらお餅を丸めていました。



12キロのもち米を4回ついて、午前中に無事終了しました。順調に進んだので、お母さんやスタッフもほっと一安心。

今回もつぶあん入りの白餅と大島のよもぎを使ったよもぎ餅の2種類が完成しました。最後に、イラストとメッセージを添えた手作りののしをつけました。


袋に入ったお餅は、島キッチンのお弁当を注文された方々へのプレゼント


翌日、大島へお届けに行ってきました。
入所者のみなさんに直接お渡しすることはできないので、職員さんにお渡しし、配っていただきました。
入所者のみなさん、喜んでくれたかな?来年は大島でもちつき会ができると良いですね。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.19が完成しました。 2020年は、第1回目の瀬戸内国際芸術祭が始まってから10年という節目...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI