Archive

【豊 島】12/6(日) 12月の島のお誕生会

12月の島のお誕生会は「タップダンスでタカタカ!タン!!」


今月は香川県出身のタップダンサー井草啓太さんをゲストに迎えて開催しました。
会場は唐櫃公堂。この日はぽかぽかと暖かい一日でしたが、
これからしばらくは寒さに備えて、屋内での開催となります。


こえび隊はいつものように朝早くに会場に到着。
今日も楽しいお誕生会になるよう心を込めて会場を飾ります。


12月といえばクリスマス!
会場に星を飾ろう!ということになり、急きょ折り紙タイムが始まります。
上の写真の真ん中で紙を折っているのは、ゲストの井草さん。
一緒に準備をしてくれたおかげで、入口にもたくさん星を飾ることができました。


準備万端!いよいよお誕生会の始まりです。


お誕生月のみなさんは、まずは特設コーナーで記念撮影をさせていただきます。
みなさんカメラに素敵な笑顔を向けてくれました!


会の前後に、こうして歓談の輪が広がるのも楽しい風景。


いよいよ開演!


井草さんの軽快なタップ!
島のみなさんお馴染みの「てしまのうた」に合わせ、みんなでステップを踏んでみましたよ。
うまくできてもできなくても、なんだかみんな楽しそう。


子どもたちも、楽しいリズムに大コーフン!


こえび隊は、この間も一緒にお誕生会を楽しみつつ、
お誕生月のみなさんに贈るバースデーカードの仕上げ作業をしていました。


井草さんのステップに合わせてバースデーソングを歌った後に、
出来立てほやほやのバースデーカードをプレゼントしました。


喜んでもらえたかな!?


お持ち帰りの特製デザートも大好評でした。


お家までがまんできずにちょっとだけ?つまみ食い。。。ご満悦の様子でなにより。
また来年も、こうしてみなさんと笑顔でお誕生会で集えますように。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.19が完成しました。 2020年は、第1回目の瀬戸内国際芸術祭が始まってから10年という節目...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI