Archive

【全 国】10/3(土)こえびオンラインミーティングを開催しました

こえび隊初めてのオンラインミーティングを開催しました。
当日は、66名の方が参加。オンライン上で久しぶりにこえびさんたちが集まりました!

今回は、これからの地域型芸術祭について、また次回芸術祭についての方針を、瀬戸内国際芸術祭総合ディレクター北川フラムさんにお話いただきました。

はじめに、第一回目の芸術祭当時の話から振り返りました。
今まで抱えていた瀬戸内海の諸問題などを知り、「地域を元気に!」を目標に、地域の人と交流することで作品ができていく。というアートの役割について話されました。
その後、こえび隊の具体的な活動や、過去の実績についてもお話しいただきました。
また、瀬戸内海の成り立ちなど地域についてより深く勉強して行き、これまで抱えてきた問題とどう向き合っていくのか、という課題も挙げられました。
そして次回芸術祭に向けて、国内外で芸術祭開催を楽しみにしてくれている人たちの期待に応えるため、お客さんを安心して受け入れるための準備をしていくのが重要だというお話しで締めくくられました。


当日のミーティング資料

感染症拡大に伴い、こえび活動が中止になり始めたのが今年の3月です。
それから活動再開まで約半年かかりましたが、一部の島での活動もできるようになりました!
今はまだ岡山・香川県の方限定ですが、今後少しずつでもたくさんのこえびさんに活動してもらえるように、私たちも体制を整え準備していきますので、みなさん待っていてくださいね。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI