Archive

【大 島】12/13(金) もちつき会開催!

今年も残りわずか。1年の締めくくりといえば、もちつき!今年も大島でもちつき会を開催しました。
大島会館大ホールの場所で開催するもちつき会は今年で3回目。旧カフェ・シヨル前で行っていたころを含めるとなんと10回目でした。
準備から餅つき、餅を丸める作業まで今年も職員さんのご協力なしではできませんでした。本当にありがたいです。


午前中はもちつきの準備です。
あんこを丸めたり、のどごしをよくするためのサツマイモを切ったり、臼を温め、もち米を蒸したりしました。



もちつき会は13:30スタートですが、その前に配布用のお餅をつきました。こえび隊だけで行ったのですが、人出が足りなく、お餅が冷えて大変!丸めるのに苦労しました・・。


13:30からいよいよもちつき会のスタートです。入所者さんも続々と来てくださいました。
ここからは、職員さん登場!ついてくれる方、丸めてくれる方も増えて順調に進みました。

「よいしょー、よいしょー」とお餅をついている様子を近くで見ていた入所者さんの姿もありました!

おもちは白餅とよもぎ餅。味はあんこ、きなこ、砂糖醤油、のり。



3臼目は、大島のよもぎを入れたよもぎ餅をつきました。よもぎ餅を味わう入所者さんのところへ行くと、よもぎ餅を食べて思い出したのでしょうか、入所する前の小さい頃に両親に言われてよもぎを採りに行っていたときのことを話してくださいました。また、高知から入所されている入所者さんからは、川海苔をお餅に入れるというお話も伺う事ができました。

来年は、こえび隊らしく「えび」や川海苔を入れるという話しを聞いたので「川海苔」を入れてみたり、新しい味にもチャンレジして、入所者さんがお餅を食べて懐かしんでもらえたらと思います。



最後に、この1年の感謝の気持を込めてつくった手作りののしをつけて、入所者さんの元へ配りに行きました。


次の日は大島の今年最後の作品オープンの日。入所者さんに会うと、お餅美味しかったよ、少し焼いて食べたと早速感想をいただき、嬉しかったです。

来年1月の第二土日にも作品とカフェ・シヨルがオープンしますので、良かったらいらしてください。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI