Archive

【大 島】8/7(水) 夏祭りに参加してきました

今年も大島の夏祭りに参加し、こえび隊と遊ぼうシリーズを出店してきました。
今年は「こえび隊と遊ぼう!着せ替え記念写真館」です。
瀬戸内国際芸術祭の公式ポスターでも使用されている「たこ」とこえび隊の「えび」になって写真を撮ってみませんか?というのが、今回の私たちのブースです。

この日、芸術祭の作品はクローズ。
15:45高松港発のせいしょうに乗って大島へ!1年に1度の大島のお祭りを楽しみにしている方々がたくさん乗っていて、船内は満席でした。夏祭りは、大島や入所者の方と関わりのあるみなさんが一堂に会するようなイベントです。


到着後は準備です。看板を作ったり、「たこ」と「えび」の衣装を用意しました。
終わると順番に納骨堂へお参り。
この日は、いつも鳴っている盲導鈴が鳴っていませんでした。納骨堂の近くに行くととても静かでした。


18時の園長先生の開会宣言で夏祭りがスタート!大島青松園入所者自治会会長の森さん、香川県知事、徳島県知事等のご挨拶がありました。
ちなみに、写真のみなさんが座っている後ろが私たちのブースでした。



そして、恒例の徳島県の阿波踊り、高知県のよさこい、香川県の一合まいたの踊りの披露がありました。
自治会副会長の野村さんも踊っていて楽しそうでした。
私たちもエビの格好で踊りましたよ!


さて、私たちの記念写真館ですが・・
いつもは子どもたちに人気の遊び場なのですが、今回は遊びに来てくれる子どもたちが少なかったです。
ちょっと残念でしたが、高松市加藤副市長が参加してくださいました!


最後は桟橋からあがる花火です。いつも利用している桟橋が花火の打ち上げ場所ということで、見上げながら鑑賞しました!大島のみなさんとお客さんさんが一緒に鑑賞する花火。今年も大輪の花火をみんなで見ることができました。また来年もみなさんと一緒に夏祭りを楽しみたいです。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI