Archive

【宇 野】4/26-GW期間中 テント広場をオープンしました!

4月26日春会期開幕初日、宇野港に切腹ピストルズが上陸しました。


これに合わせて、こえび隊もテント広場をオープン!


お菓子や飲み物の販売をしながら、威勢のいい笛や太鼓の音を、みなさんと一緒に楽しみました。


テントはゴールデンウィーク期間中毎日、午後4時から6時までの運営です。
雨のため中止になった日もありましたが、この時間には毎日のようにイベントも開催されていたんですよ。

こえびカンダダンが、テントの周りで演奏。島から帰る人たちをお迎えしたり。


令和元年初日には、高校生のナナちゃんとタクトくんが、初めての路上ライブに挑戦!


「アート教室フィンセント」さんによる、改元記念のお手紙を書こう!というワークショップもありました。


公式ベントのnomad note danceのみなさんも、公開リハーサルを含め4日間連続の公演もありました。


芸術祭の食のプロジェクトとして、宇野港でおいしいお弁当「たまべん」を作っているたがみまきさんによるお惣菜の販売なども3日間の期間限定で行われ、とってもおいしそうでした!


テントの周りでは、いつも何か楽しいことが起きていましたよ。
宇野港を訪れた方にとっても、楽しい思い出のひとつとなってくれていれば嬉しいです。


今回は、開幕直前に急きょテントを立てることになりましたが、商品の提供や毎日の設営など、さまざまな形でご協力をいただいたみなさま、どうもありがとうございました!


みなさんこれからも、芸術祭の作品巡りをしながら、春会期の宇野港散歩をお楽しみください!


晴れた日には海を見ながら、青空の下でたまのの「たまべん」を食べるのもおすすめですよ。


***

現在宇野港には、こえび隊が受付等を行う作品がありませんが、会期中は、毎週火曜日を除く毎日、宇野港に集合して、豊島で活動するこえびさんを募集しています。
まだ活動に参加したことのない方も、いつからでもお気軽に活動にご参加ください!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI