Archive

【台 湾】3/24(日)初の海外でこえびミーティング!

【台灣】 3/24(日)海外首次的小蝦會議!
【Taiwan】3/24(Sun.) The First Koebi Meeting Aboard !

こえび隊初の海外へ!
今回は台湾で初めてのこえびミーティングを開催しました。

小蝦隊的首次海外出張!
這次是我們第一次在台灣舉辦小蝦會議。
The first going abroad for Koebitai!
This time we held the first Koebi meeting in Taiwan.

3月初め、こえびミーティングin台湾の概要をwebにアップしたら、あっという間に100人を越えるお申し込みがありました。Facebookでもたくさんの方がシェアをしてくれ、台湾での瀬戸内国際芸術祭やこえび隊の認知度や関心度の高さを改めて感じました。
さあ、今回はどんな出会いがあるのでしょうか。とてもワクワクしながら台湾へと渡りました。

三月初當台灣小蝦會議的報名網頁一公開,不久就有超過100人的報名登錄。臉書專頁的資訊也有許多朋友幫忙分享,我們也感受到了在台灣對瀨戶內國際藝術祭與小蝦隊的高度關心及高認知度。
這次又將會有什麼樣的際遇呢?一邊感到高漲的情緒一邊抵達到了台灣。
In the beginning of March, as we announced the information of Koebi meeting in Taiwan, there were over 100 people applying to it soon. We also had a honor that many people shared the information on Facebook, and we are very happy that Taiwanese pay a lot of attention to Setouchi Triennale and Koebitai.
Well, what kind of encounter will we have? We flew to Taiwan excited.


実は滞在していた3日間はずっと雨だった台湾。
会場は、こちらの華山1914。もともと日本が統治していた時代に、お酒などを作っていた工場の跡地をリノベーションした場所。当時のまま残っていて、レンガ造りの建物の中にはおしゃれなショップやカフェがある素敵な場所です。
この場所をアレンジしてくれたのは、台湾歴史資源経理学会のVickiでした。フラム塾にも参加した経験があり、小豆島の福田地区とも2013年から関わっています。

我們這次在台灣停留的三天都在雨中度過。
而本次會場就是台灣的華山1914。原本是日治時期建造的酒廠舊址再次改建的文創園區。紅磚的建築物依然保有原有的風貌,而內部現在已成為數家品味時髦的商店及咖啡廳。
幫我們申請到這個場地的是台灣歷史資源經理學會的Vicky,也是有參與富朗塾的一員,也從2013年開始參與小豆島福田地區的活動。
Actually, during we stayed in Taiwan it was raining all the time.
The meeting was held in Huashan 1914. The location was a wine factory during the Japanese colonial period but it had been renovated now. The fascinating buildings in red brick are kept until nowadays, and there are various of decent shops and cafés open inside.
Especially thanks for Vicky, Institute of Historical Resources Managment, who arrange the place for us. She is one of the participants of Fram School, and has connected with Fukuda Area in Shodoshima since 2013.



午後からの開始に向けて、午前中は会場の準備です。
為了準備下午的會議,我們從早上便開始在準備會場。
For the meeting in the afternoon, we started the preparation since the morning.


準備も順調に進んだので、お昼ごはんを食べに近くのお店へ。台湾らしいご飯が食べたかった私たちは、魯肉飯でランチ。タピオカも飲んで、台湾をちょっとだけエンジョイしました。

會議準備順利進行完成,午休時間就來到了附近的小吃店。一直很想嚐嚐台灣特色食物的我們點了滷肉飯,也喝到了珍珠奶茶。小小地享受了一下台灣。
The meeting was well prepared, and then we went to a nearby local restaurant for lunch. Due to interest in Taiwanese style food, we ordered “ lu rou fan”( Taiwanese braised pork rice) and had “zhen zhu nai cha”( Pearl milk tea). We enjoyed the Taiwan for a while.


会場の準備や受付は、2016年にこえび活動に参加してくれた、サブリナちゃんとサニーちゃんも手伝ってくれました。2人ともありがとう。

在會場的準備及報到處的服務人員,是2016年也曾參加小蝦隊的Sabrina及Sunny。特別感謝兩人特地來支援我們!
Sabrina and Sunny who joined Koebi Activity in 2016 supported our preparation and registration desk. We appreciated their help so much.



13時半を過ぎると、参加者のみんなも続々と登場。今回は約90人も来てくれました。
あっという間に用意していた席は満席になりました!

到了一點半左右,參加著們也陸陸續續來到會場。而今天實際到場的台灣朋友約90人。
沒過多久我們準備的位置就已坐滿了。
After 13:30, the participants today arrived one after another. There were about 90 people coming to join us. The seats are full of people soon suddenly.


今回、台湾で開催した理由として、前回の芸術祭は台湾から参加してくれる方がたくさんいました。今年も台湾からのお問い合わせがたくさんあり、実際今も台湾から参加しているこえび隊もいます。直接、お会いして話をした方が、確認したいことや不安なことも解決できるのではということで開催しました。

這次我們特別在台灣舉辦小蝦會議的契機,是因為有許多台灣朋友參加了上一屆的藝術祭小蝦隊。而今年也有許多從台灣來的詢問,同一時間我們也有來自台灣的小蝦隊正在島上幫忙。或許直接與台灣的大家見面對話之後,想確認的疑問與擔心的事情也許就能當場解惑而來到了台灣。
The reason we decided to hold the meeting in Taiwan is there were many Taiwanese people joined us in 2016. We also received lots of inquiries from Taiwan this year, and there are Koebi volunteers from Taiwan supporting the making of artworks in islands in the same time. We believed held the meeting with Taiwanese friends directly is better and able to solve the questions from them.


そして、始まったこえびミーティング。
ニーハオ、ウァオシゥシャオシャトゥェ(こんにちは私たちはこえび隊です)と直前まで練習をしていた、台湾語を披露しました(あんまり反応はありませんでした!)

終於,揭開序幕的小蝦會議。
會議前不斷練習的「ㄋㄧˇㄏㄠˇㄨㄛˇㄕˋㄒㄧㄠˇㄒㄧㄚㄉㄨㄟˋ(你好我是小蝦隊)」,也在一開始初次講了中文(雖然沒有獲得太大的反應!)
Finally, the Koebi meeting starts.
We practiced hard of “Ni Hoa! Woa Shi Xiao Xia Dui.”in advance and tried to speak out in the meeting.( Though we didn’t receive too much reaction!)


台湾歴史資源経理学会を主宰する丘先生にもご挨拶いただきました。通訳は、フラム塾の塾生だったセンさん。

台灣歷史資源經理學會的主負責人丘老師也為我們做了開場介紹。這次為我們翻譯的則是富朗塾的學生Sen。
The holder of Institute of Historical Resources Managment, Ms. Qiu was greeting participants by words for us. The interpreter today was Sen, who is one of the members of Fram School.



こえび隊事務局からは、瀬戸内国際芸術祭の概要、こえび隊について、こえび隊の活動の具体的な内容をお伝えしました。

小蝦隊事務局也在會議中介紹了瀨戶內國際藝術祭的概要、關於小蝦隊以及小蝦隊具體的活動內容。
We, Koebitai office, introduced the summary about Setouchi Triennale, Koebitai and the concrete activities which Koebitai is doing.

質疑応答では、より具体的な質問があがりましたので、少し紹介したいと思います。
・活動にかかる費用について
自分で払う費用:自宅から高松までの移動費、銭湯代(400円程度)、食事など
こえび隊事務局が負担する費用:活動時の船代(高松港〜各島)

最後的Q&A時間,也有人詢問了更詳細的疑問,也將在這裡分享給大家。
・關於參加小蝦活動的開銷
自行支付的部分:前往高松的交通費、一天的公共澡堂票券(約400日幣)、三餐等
小蝦隊支付的部分:參加志工活動時的船票(從高松港到各個島嶼)
In the corner of Q&A, there were some more concrete questions asked, we’d like to share some of them.
*About the expenses during Koebi Activity
Pay by yourself: the fee from your home to Takamatsu, the ticket of the public bath (about 400 JPY/once), the meals etc.
Pay by Koebitai Office: the ferry fee of Koebi activity( from Takamatsu to each island)

・会期外のこえび隊活動について
会期外に活動に参加したい方はメールでお知らせください。活動がない場合もあるので、事前にメールでやりとりをして活動日を決めます。またこえび寮は開いていない場合もあるので、自分で宿泊施設を手配してください。

・在藝術祭會期以外的小蝦隊活動
若是想在會期以外參加志工活動的話,也可事前先以電子郵件聯繫我們。因為依據當時情況也有可能沒有招募活動的時期,事前先以郵件聯繫詢問之後再決定參加活動的日程吧。另外也有可能遇到小蝦宿舍額滿的情形,此時就需要志工們自行尋找代替的住宿設施。
*About the Koebitai Activity except the session
Who wants to join the activity except the session should send emails for inquiry. Since there might be no activity, we suggest you send an email in advance to decide the schedule. Besides, in case of no vacancy from Koebi Dormitory, you should find accommodation for yourself.

・日本人と海外の申し込みの仕方が違うのはどうして?
海外の方や日本人で遠方の方は、飛行機などの移動の手配があり早くから予定を立てたい方が多いと思います。まずは活動がある期間(現在〜5月26日まで、夏・秋:7月1日〜11月中旬)に合わせて、予定を立ててお申し込みください。
地元の香川県や岡山県に住んでいる方は、いつでも参加しやすいので直前でもお申し込みしやすいように直接活動に申し込みをしてもらっています。

・為什麼日本志工與海外的申請方式有所不同?
對於海外志工以及住較遠的日本志工,通常需要以飛機等交通方式前來,需要及早預訂行程的人比較多。我們建議請先配合有活動的時期(現在~5/26止,7/1~11月中旬)來決定自己的行程,並向我們提出報名較佳。
而住在當地如香川縣及岡山縣的日本志工,因為移動前往高松較方便,為了讓當地志工更容易參與,所以接受直接申請活動。
*Why there is a difference of application between Japanese volunteers and foreigners?
It is considered that the volunteers who from far area need to make a plan earlier for flight and others. We suggest you strongly to apply the activity with considering of the period (there are activity from now to 26th May, summer/fall: from 1st July to the middle of November.)

・日本語が分からなくても参加できる?
日本語が分からなくても、お客さんに伝えられるようにマニュアルを作成したり、指差しで相手に伝わるようなアイテムを用意する予定です。参加するこえび隊のみなさんは元気な挨拶と笑顔があれば大丈夫です!
また、スタッフはみなさんと一緒に島へ渡ります。「遊撃隊」というスタッフが作品受付をしているこえびさんのところをぐるぐる周ります。何か困ったことがあればいつでも「遊撃隊」のスタッフに聞いてください。

・不懂日文也可以參加嗎?
為了不懂日文的海外志工,我們也預計為此準備志工指導手冊,以及用圖示意的道具來與參觀者溝通。參加小蝦隊的大家若有開朗地打招呼及滿面笑容的話,就無需擔心!
此外,事務局的負責人們也會跟大家一齊到島上。像「游擊隊」一樣的負責人們會在小蝦們的附近來回注意,若有任何感到困擾的事情,隨時都可以向游擊隊們詢問。
*Is it okay for participation without Japanese ability?
We will prepare the manual for volunteers who don’t know Japanese, and the items with picture of information to communicate with visitors. If you are full of energetic and big smile, it will be no problem.
Besides, our staff will go to islands with you. The staff would be around of the volunteers like guerrilla. If you have any questions or needs, just feel free to ask staff.

たくさん具体的な質問があり、みなさん熱心に聞いてくれて本当に嬉しかったです。
ミーティングが終わっても受付でお手伝いしてくれていた、サブリナちゃんやサニーちゃんにもお話を聞いている参加者がいました。

現場有許多詳細的疑問,我們也真的很開心看到大家這麼熱情的發言。
在會議結束之後,也有許多台灣朋友們向來支援報到處的Sabrina及Sunny詢問小蝦隊的經驗談。
There were so many questions about Koebitai, we are so glad to see everyone ask actively.
The participants are interested in Koebitai very much, and Sabrina and Sunny shared their Koebi experience in 2016 after the meeting.


最後に参加者のみんなと記念撮影!
みなさん瀬戸内で会いましょう!

最後與參加者的大合照!
我們在瀨戶內再相見吧!
At the end, we took the pictures together.
Let’s see you in Setouchi!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI