Archive

【大 島】2/6(水)-10(土) 田島征三作品メンテナンスがありました

田島征三さんが2015年から制作をしている作品「森の小径」。作品がある場所は、もともと入所者さんが暮らしていた長屋形式の建物があった場所。更地になっていたところに作品をつくりました。
入所者さんからいただいた植物や海辺にも強い植物を植えて、森に育てていきます。
車椅子の方も通れる小径を作ったり、春にはヤマツツジが咲いたり、入所者さんも楽しんでもらえるような作品です。


今回は、作品の中央にある窪みの部分のメンテナンスをしました。
まずは浜辺で、こえびさんたちと一緒に石やレンガなどを拾います。寒い中でしたがみんな黙々と小さいものから大きなもものを分けて拾いました。


拾った石たちはバケツに入れて一輪車で何度も往復して運びます。


そして、窪みのところへ入れていきます。



窪みは石やレンガでいっぱいになり、カラフルになりました。
今までは急だった窪みも、土を入れてかさ上げしたので緩やかになり、車椅子の方や入所者さんも通りやすくなりました。


田島征三さんも一緒にメンテナンスをしていたので、作品のことをお話してくれたり、作品づくりを通して交流のある入所者さんのことをお話してくれました。

また2/27(水)と28(木)に作品のメンテナンスを行います!田島征三さんと一緒に活動できる良い機会ですので、ぜひご参加ください。



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI