Archive

島キッチンの美味しいレシピを紹介します♪~梅仕事~

そろそろ梅が実る季節ですね。
島キッチンのお庭には小さな梅の木があり、毎年きれいな花を咲かせ、この季節になるとたくさんの実がなります。
その実を収穫して梅シロップや梅ジャムを作り、お客さんに提供しています。


梅の人気は島キッチンだけにとどまりません。
大島では毎年、梅収穫ワークショップを開催しています。
▼昨年のワークショップの様子
https://www.koebi.jp/news/report/entry-2557.html

いつも大人気で、たくさんのこえびさんが参加してくれています。
このワークショップで収穫した梅は、みんなで梅シロップを作り、カフェ・シヨルで提供しています。


というわけで、今回お届けするのは、「島の梅シロップ」の作り方です。
レシピは島キッチンもカフェ・シヨルも同じなんですよ。

梅は、疲労回復や食欲増進、血液がサラサラになり、なんと美肌効果もあるそうです!
シロップを炭酸で割って梅ソーダで飲むのがオススメです☆
暑い夏はすぐそこ!梅ソーダで乗り切りましょう。


◇梅シロップ作り方◇
【分量】
・梅 500g
・氷砂糖 500g

【作り方】
①梅についている黒いヘタを、竹串などで取り除く。
②水をはったボウルなどに梅を入れ、1時間くらい浸す。こうすることでアクが出る。
その後ざっと洗い、ザルに移す。
③きれいな布巾で梅の水気をよく拭く。
④保存瓶に、梅、氷砂糖と段になるように交互に入れていく。
⑤冷暗所に保管する。日に日に氷砂糖が溶けてくるので、瓶を傾けてくるくるとまわす。
梅全体に溶けた砂糖がまわるように、1週間から10日ほど毎日まわす。
⑥梅が浸かるくらいシロップがあがってきたら混ぜるのを終え冷暗所で保管。3週間くらいしたら飲み頃です!

[ポイント]
・梅の水気を布巾で拭く際、丁寧に拭くようにしましょう。保存食に水気は厳禁です!
・保存瓶は事前に煮沸などで除菌しておきましょう!
・制作から2か月後くらいに、梅の実を保存瓶から取り出します。新しい保存瓶にシロップのみ入れて冷蔵庫で保管。1年くらいは楽しめます!


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI