Archive

【男木島】5/31 男木島で始めよう!はじめてのこえび活動

5月31日、男木島での「はじめてのこえび活動」も今年3回目となりました。
今日も2人の新人こえびさんが活動デビューしました!

出発前のミーティングが終わったら、早速、男木島行きのフェリーに乗りこみ、
先輩こえびさんの隣で、作品受付の手順などを教えてもらいます。


今日は「オンバ・ファクトリー」の受付を担当した新人こえびさんの様子を紹介します。

まず着いたら開館準備。
「オンバ」を決められた場所に移動させて、お客さんからよく見えるようにします。
無事、開館10分前には準備オーケーとなりました。


今日は、アーティストの大島さんや、島のおじいちゃんが声をかけてくれて、
島の昔話、去年の芸術祭のことや、今年から学校が再開して子ども達の声でにぎやかだよ
といった、いろんな話を聞くことが出来ました。


受付に慣れてくると、お客さんに「オンバ」のことを説明したり、記念写真を撮って
あげたりと、いろんな「おもてなし」ができるようになりました。



休憩時間には、他の作品も見学して、
ゆったりとした「瀬戸内の島時間」を満喫することができたようです。
お金の精算もばっちりです!

いろんなことが体験できて、あっという間に17時。フェリーで島を離れます。
みんなの笑顔を見ていると、充実感いっぱいですね~。


【こえびさんの今日の感想!!】
・最初はうまく説明とかできるかな、手際よく受付できるかなと不安だったのですが、
手引きとかを読んで、先輩こえびさんのアドバイスももらっているうちに
自信を持つことができました。どんな方にもしっかりと挨拶が出来ました。

・アーティストさんや島の皆さんは優しくて、話を聞かせてもらっているうちに、
その島に住んでいるかのような気持ちになりました。

・帰りのフェリーの中でもお客さんから「良かった」と声をかけられました。
また、来たいと思います。別の島にも行ってみたいと思いました。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
昨年の芸術祭を見て、「こえび隊」って楽しそうだなとか、ちょっと手伝ってみたいな…
でも、いきなり一人で参加するのはちょっと勇気がいるな…というみなさん、
こえび隊の活動は、誰でも、いつからでも始められます。
先輩こえびさんと一緒に活動する「はじめてのこえび活動」はこれからも続きます。
次は、6月8日に開催します。みなさん奮ってご参加ください!


文:男木のこえび隊 白石教頭でした。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI