Archive

豊島 トビアスとスーの作品展示場所の空家掃除は大変!

豊島 空家掃除をしました!

4月17日(土)、18日(日)
前日までの寒さと、降り続いた雨はどこへやら。
気温も回復して晴天に恵まれ、気持ちのいいお掃除日和。
きっと、こえびさんに晴れの人が多いんでしょう。



高松港から豊島までは、こんな高速艇で渡ります。



小型でスピードも速く、なかなかアドベンチャーな感じの船です。途中、見慣れた女木島、男木島のすぐ横を通り、30分ほどで豊島港に到着。
豊島の作業は、高松のほかに宇野、土庄から直接来るこえびさんと現地合流することになっていて
先に着いた高松チームは、17日メインのトビアスさんの空き家へ向かいます。



今日1日で、建具類や古い配線、水周り設備などの撤去、荷物の運び出しなどを行います。



運び出した荷物は、別の集落にトラックで運んで移動します。




お昼は、たまたま満開になっていた桜を見ながらランチタイム。
よく体を動かしたので、ゴハンがおいしい!

午後も何度か往復して、荷物を運びました。

18日は、前日よりもたくさんのこえびさんが集まり、トビアスさんチームとスーさんチーム、二手に分かれて同時に作業を進行します。
トビアスさんチームは先日に引き続き、天井や余分な柱などの撤去作業。



スーさんチームは、大量にあるゴミの仕分けから始まります。



まずは、燃えるごみ、燃えないごみ、資源ごみなどに分類したり



家電製品、建具、家具などは別の場所に運べるようにひたすら分別を行います。



途中、再利用する食器を洗うチームにさらに分かれて同時進行で作業が進みます。このほかにも、裏の庭に大量にあるごみの山をひたすら運び分別分別・・・さすが人数が多いだけあって、みるみるゴミの山が小さくなっていきます。

フェリーの時間ぎりぎりまで、1日かけてほとんどのゴミを処理することができました!



4月17日(土)、18日(日)参加のみなさん、お疲れさまでした。


文+写真 こえび隊 小野


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

年に1度発行している、こえび新聞。今回は、両面とも船特集です。 ただいま絶賛制作中。ということで今...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI