Archive

【男木島】こえび隊の「男木学校!夏休み日記!!」

「僕たちのメインは夏ですから」と宣言した昭和40年会!
ワークショップを始めとするイベントが盛りだくさんな「男木学校の夏の1日」をご紹介しましょう。

まずは、朝のミーティング!
イベントちらしを貰ったら、男木島のイベントを確認。
男木島と女木島はセットで周回されるお客さんも多いので女木島のこえびさんにも「案内よろしく」とお願いします。


開館したら、先生たちの予定を確認。


そして職員室で作品の受付。


イベントの受付は、別の場所で行います。


ワークショップなどのイベントでは、カメラマンをお願いする場合もあります。操作は簡単です。ひょっとしたら、その映像が新たな作品になるかも…


お客さんを楽しませるために、ワークショップにも「いろんなビックリ&ドッキリ」が仕込まれています。


時々、廊下等の清掃をします。アブやカナブンとかの退治も。


パルコ校長が運動場に植えたひまわりに、水やりもお願いします。


そして、閉館&終了。作家さんたちが港で見送ってくれます。
大変な1日だったけど、嬉しい瞬間です。
「また来るぞー」と手を振りましょう!!。


テキスト・写真=こえび隊 白石


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI