Archive

【高松港】3/17(日) せとうち島フェスタ2024に参加しました!

高松港サンポートで開催されている「せとうち島フェスタ2024」に参加し、こえび隊は大島のPRをしてきました。

今年は、瀬戸内海が国立公園に指定されてから90周年を迎え、いろいろなところでイベントが開催されるようです。 せとうち島フェスタは毎年開催されているイベントで、今年は県内の有人島のいろいろな島とさぬき市や東かがわ市も参加していました。


私たちこえび隊は、塗り絵ワークショップをしました。入所者の野村さんに大島のまわりでとれる魚を事前に聞いて、サヨリ、コダイ、コノシロなどの魚を、それぞれのかたちにくりぬいたものに、好きな色で塗り絵をしていきます。



参加した子どもたちは、塗り絵をしてみたい魚を選び、作品をつくっていきました。カラフルな魚になったり、見本とそっくりな魚になったり、いろいろな魚が出来上がっていました。



ろっぽうやきや先日作ったばかりの甘夏マーマレードジャムの販売も行い、ジャムを一緒に作ったこえびさんたちがPRしてくれたおかげで、完売しました。


大島のブースに来られた方とお話をしていると、大島には行ったことのない方が多くいましたが、ハンセン病の療養所のある島ですよとお話をすると、知ってる方はたくさんいました。40年前から定期的に訪れたことのある方や、研修で行ったことのある看護師さんなども来てくれて、当時のお話をしてくださいました。
また、他の島のブースの方々ともお話したり、ワークショップにも参加したりして交流することができ、他の島のことを知る良い機会になっています。

せとうち島フェスタをきっかけに、大島のことを知ってもらい、開館日や来年の芸術祭で多くの方々に来てほしいです。



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI