Archive

【豊 島】2/10(土)ShinAiKanへ出張島のお誕生会!

2月のお誕生会は、「ShinAiKan」へ出張お誕生会でした。
豊島には、戦後まもない1947年から2015年までの約70年間、3000人前後の乳幼児を受け入れてきた乳児院『豊島神愛館』という施設がありました。解体が予定されていたですが、神愛館を大切にしてきた島のみなさんの要望により残されることになり 2017年にゲストハウスに生まれ変わったのですが、コロナ禍の影響を受け閉館をよぎなくされました。その後、閉館したままだったこの施設ですが、最近、豊島の子育て世代が「神愛館」を「ShinAiKan」として再スタートさせワクワクする活動をしています。




ゲストハウスとしての運営を再開させつつ、島の皆さんが気軽に集まって交流できる時間や場所づくりをされています。豊島に住んでいる色んな世代の方と島外から来た方がゆるやかに交流できる場所づくりを掲げて続けている「お誕生会」にぴったり!ということで早速出張お誕生会を開催させていただきました。
「ShinAiKan」を管理をされているみなさんにも「ぜひぜひ!」と言っていただき、こえび隊は張り切って乗り込みました。



今回のゲストのICHIくんはイギリス在住の音楽家。スティールパンや木琴鉄琴、トランペットや自作楽器、タイプライター、風船、様々な生活用品なども楽器に変え演奏し唄い、日本全国、UK、ヨーロッパ諸国、アジア各地など、世界各国でライブパフォーマンスを行っています。2018年にも豊島のUsaginingenさんに紹介いただき、島キッチンのテラスでパフォーマンスをしていただいたことのある方です。私たちが到着したら既にICHIくんの楽器セットが会場に設置されていました。その楽器セットにあわせて旗やリングで飾付スタートです。


子こえび兄弟


ストーブを囲んでこえびマニュファクチュアでお花紙大量生産!


さて、14時からのお誕生会。あちらやこちらからどんどん人が集まって来て、会場内はお客さんでいっぱい!椅子が足りず慌てて、パイプ椅子を出してきて並べたり、既に席についている方にも協力してもらって椅子を一列増やしたり、こえび隊はてんやわんや。


ぎゅうぎゅう!


そうこうしていると、ICHIくんがしゃりんしゃりんと音を鳴らしながら竹馬!?で登場です!
ICHIくんの創る音が不思議過ぎて子ども達も興味深々。


しゃりん♪しゃりん♪


不思議な楽器と不思議な音


音をだす時間、音を出さない時間。音がでていない時間も次の音をドキドキ待つ時間。その緩急の波に飲み込まれ、みんなすっかりICHIくんワールドに引き込まれていきます。うっかり笑っちゃう間抜けな音、スチールパンの気持ちのいい音、かっこいい音や、鳴らない音の渦の大冒険でした。




今回のデザートは豊島の若手お母さんでもある33製菓店の楓さんによる「チョコレートプリン」
チョコプリン、クリーム、豊島のポンカンソースが3層になっていてその3層をスプーンで一気にすくって口の中にいれると鼻から虹がでるくらい美味しかったです。



2月生まれのみなさーん、おめでとうございまーす!



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.21が完成しました。 今回のこえび新聞は、瀬戸内の歴史、自然、生物、文化、風習、芸術祭...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI