Archive

【豊 島】2/23(日) 塩田千春「遠い記憶」お別れ会がありました!

2010年に始まった瀬戸内国際芸術祭。
2010年にできた作品の一つ、塩田千春さんの「遠い記憶」。
約10年間、世界中から来るお客さんを楽しませてくれたこの作品ともいよいよお別れとなります。

この作品が設置されたのは、甲生地区の「僻地集会室」として昭和38年に建てられた建物です。
映画の上映など楽しい催しや結婚披露宴の「遠い記憶」がたくさん詰まったこの建物は2010年に塩田千春さんの作品「遠い記憶」として再生しました。


今日は撤去前に地元のみなさんをお招きして「遠い記憶」のお別れ会を開催しました。
こえびカンダダンも賑やかに演奏で参加します!




お別れ会の中では、作品ができた当時の自治会長でいらした植松さんや作品制作を担当した琴塚さん、「遠い記憶」で結婚式を挙げたこえび隊の大石さんがそれぞれの思い出をお話しくださいました。


塩田千春さんは残念ながらご欠席でしたが、メッセージを送ってくださいました。
代読は塩田さんのアシスタントの堀江さん。とても感慨深そうでした。



棟上げではありませんが、せっかくなのでみんなが盛り上がる「もち投げ」をやりました!
みんなたくさん取れたでしょうか??



朝早くから地元甲生地区のお母さんたちがおにぎりや豚汁の炊き出しを準備してくれました。
なんと100人前!がすっかりなくなるくらいの大人気!
お母さんたちありがとうございました!


ちょうどお昼前のぽかぽか陽気で、みなさん思い思いに座って食べていました。
楽しく和やかなお別れ会になりました!


写真:こえび隊 山本聡


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI