Archive

【高見島】6/22(土) 村田のぞみさんの作品制作のお手伝いに参加しました!

高見島で村田のぞみさんの作品制作のお手伝いをしてきました!
香川県多度津町の多度津港から、フェリーに乗って約30分で、おにぎり型に見える高見島に到着します。
フェリーを降りると、作家の村田のぞみさんが迎えにきてくれていました。

高見島は、細く急な坂道をしばらく登ると、たくさんの家がある集落があります。
今はほとんど空家のようですが、そのうちの一軒が、村田のぞみさんの作品展示場所でした。
今年のまだ寒いうちから、柱の補強や、屋根瓦の補修を行なってきたそうです。


村田のぞみさんの作品は、細い針金をよりあわせて、形を作っていくそうです。
わたしたちこえび隊は、細い針金をよりあわせていく作業のお手伝いをしました。
2本の針金をよりあわせて、さらにまた針金をよりあわせていくことで、立体的な形にしていきます。

なるべくきれいに見える立体を作りたくて試行錯誤しましたが、これがけっこう難しくて、みんな集中して作業をしていました。


お昼休みには、高見島を盛り上げる活動をされている、さざえ隊のみなさんにごはんをご馳走になりました。
高見島名物の茶粥もいただきました。とても美味しかったです。



午後からも、もくもくと針金をよりあわせる作業をしました。


ときどき、手元の針金から目をあげると、瀬戸内海が一望できます。瀬戸大橋や、行き交う船を眺めながら作業をしました。


夕方になって、この日の作業も終了です。ダンボール箱2つ分の立体的な針金ができました。
でも、立体的な針金は、部屋をいっぱいにするほど必要だそうです。
村田のぞみさん以外にも、秋会期に向けて作品制作をしている作家さんがいらっしゃるので、こえび隊がお手伝いできる機会はまだまだありそうです。


フェリーに乗って高見島を離れると、村田のぞみさんや高見島に泊まる他の方々が、見送りで手を振ってくれました。
こちらも、手を振り返しました。
手を振りながら、こえび隊になってすぐのころ、船で島を離れるとき、お互いに見えなくなるまで見送ると、またその人と会えると、豊島の方に教えてもらったことを思い出しました。

人のあたたかさと、細い路地につづく古い家並み、瀬戸内海の絶景が魅力の高見島に、みなさんも行ってみませんか?


(文・写真:こえび隊 白神 基広)


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI