Archive

9/26 男木島 作品メンテナンスしてきました(塗装編)

掃除の後は、いよいよ本題のパイプの塗装です。

なんと!この日はメンテナンスに合わせて、谷口さん本人が島に来て
直接塗装の指導をしていただきました!!

簡単な自己紹介とあいさつの後、さっそく作業開始です。


まずは、何よりもパイプ以外を汚さないように「養生」することが大切で
塗装よりも、養生に時間が掛かるそうです。

パイプ本体はもとより、周囲数メートルにわたり、丁寧に養生を行います。



養生が終わると、谷口さんから作業に当たっての注意事項の説明がありました。
みんな真剣に聞いています。



説明が終わると、さっそくペンキの調合からはじめます。
少し特殊なペンキ(2液性)を使うため、慎重に計量して混合します。


まずは谷口さんご本人による塗装。


続いて、こえび隊も挑戦!
厚く塗りすぎるとダマが出来やすいので、薄く、すばやく塗ります。
緊張の一瞬です!!


谷口さんチェックOKとなり、ペンキぬりたて札を貼って次の現場へ。


まずは望遠鏡のついた、最も塗るのが複雑なパーツのところから塗っていく
ことになりました。


まずは本体と周囲をしっかり養生して、マスキングテープを使い分けて、細部まで丁寧に養生していきます。



並行して、庭にある残り2カ所も同じく丁寧に養生していきます。


そして、使う分だけペンキを調合して、いざ塗装開始!




今度はいきなりこえび隊が塗装に挑戦!!
谷口さんに見られながらの作業で、ちょっぴり緊張気味です。


半日ほどの作業で、こんなに綺麗になりました。
ビフォーアフター。



これでも充分綺麗なのですが、ここから一旦乾燥させて、後日もう一度
重ね塗りをすることになっています。なかなか根気のいる作業です。


谷口さん、ご指導ありがとうございました。
そして、参加したこえび隊のみなさん!お疲れさまでした。

今後も、定期的にメンテナンスは続きます。
興味のある方。特に手先の器用な方!ぜひ参加してくださいね。


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回はスペシャルバージョン、英語のKOEBITAIMES「こえびタイ(隊)ムズ」を発行しました。 瀬戸内国際芸...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI