Archive

【瀬居島・沙弥島】10/28(日) 島歩きに参加!

かつて、島だった2つの島。
上からみると三味線のような2つの島だったので、
しゃみ=三味、瀬居=せん
で瀬居島・沙弥島。
いったい誰が上から見たのでしょう?
今は、四国と陸続きになっています。
その2つの島の島歩きに参加してきました。


案内の方と一緒に出発します。
瀬居島には88箇所があり島中にあり、そこを巡ります。


以外と高低差がある島。
瀬戸大橋がいつもと違う角度で見れます。


ほら、こんな絶景も。
こえび隊のインスタグラムにもアップしました。


歩いて歩いて、島のお母さんにもお接待のコーヒーをいただき、いよいよお昼。
島のお父さんたちが秀吉以来400年続く島のお父さんの「塩飽お舟歌」を聞かせてくれました!渋い!かっこいい!


そして、お母さんたち手作りの豪華なお弁当。
鯛めしにあなごの天ぷら、島の食材満載です。
美味しかった。


その後、沙弥島へ足を伸ばし、香川県立東山魁夷せとうち美術館で絵画を鑑賞し、ナカンダ浜の絶景を満喫。
まだまだ知らない、瀬戸内の島々。
沙弥島は来年の春は瀬戸内国際芸術祭の春会期の舞台。
アート作品とともの島の文化や風景も楽しみたいですね!



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

今回のこえび新聞は、瀬戸内国際芸術祭とこえび隊のあゆみをすごろくにしてまとめています。 瀬戸内国際...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI