Archive

男木島 卒業式・休校記念式に参加してきました!

この日、男木島の男木中学校で、卒業式と休校記念式が開催されました。

この卒業式で卒業する3人の生徒さんを最後に、男木小中学校は
休校に入ります。

男木小中学校の120年以上の歴史の中で、一つの節目となるこの式に
校長先生、音楽の先生のご厚意によって、こえび隊が参加させていただけることになり
なんと!「こえびカンダダン」も出演させていただけることになりました。

この日は朝から穏やかなお天気。
いつものメンバーにカンダダンが加わり、密度の高いえいえいおー!


港に着くと、鮮やかな大漁旗が出迎えてくれます。


開会まであまり時間がありません。
準備のため、ダッシュで会場に向かいます。



そして卒業式が始まりました。
島の方々もたくさん来られていました。


卒業式の最後は「旅立ちの日に」をみんなで合唱。
自分たちの卒業式のことを思い出して、ちょっぴりじーんときてしまいました。


無事卒業式も終わって、休校記念式が始まりました。

島の方のお話や、ビデオレターなどで島の想い出を聞いたり。

さて、いよいよ「こえびカンダダン」の出番です。
「ふるさと」「喜びも悲しみも幾年月」「我は海の子」「仰げば尊し」
の合唱と、「海のおかあさん」の演奏。


この日のために練習してきたおかげで、大きなミスなく無事終了!
写真にはぎりぎり写っていないですが、奥に写っているピアノで音楽の先生も
一緒に演奏してくださいました。

会場には、過去の卒業アルバムから抜き出した写真パネルの展示などもあって
とても貴重な資料を見ることができました。

昔の写真にはたくさんの生徒さんが写っていて、当時の賑やかさが伝わって
きます。現在島にお住まいの方もこの写真に写っているんだとか。
みなさん懐かしそうに見ていました。

この日参加したみなさん!お疲れさまでした。
メンテナンスのため、水を抜いていた交流館の池の中で撮影。
なかなかレアな写真!?



こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.19が完成しました。 2020年は、第1回目の瀬戸内国際芸術祭が始まってから10年という節目...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI