Archive

【北川フラム塾】6/20(木) 第32回 震災から考えるアートとアーカイブ ゲスト:甲斐賢治

北川フラム塾 第32回 震災から考えるアートとアーカイブ ゲスト:甲斐賢治(せんだいメディアテーク アーティスティックディレクター)

今回のフラム塾では、せんだいメディアテークのアーティスティックディレクターである甲斐賢治さんをお招きします。
東日本大震災後に仙台を中心に、アートやメディアを媒介としてアーカイブの仕組みづくりを行われてきた甲斐さんのご活動をお話いただくとともに、「奥能登珠洲ヤッサープロジェクト」の状況について北川フラムよりお話します。


[日時]2024年6月20日(木)19:00~21:00(18:45開場)
[会場]代官山・アートフロントギャラリー(東京都渋谷区猿楽町29-18 ヒルサイドテラス A棟)
[お申込み] http://ptix.at/AGl0l8
*詳細はお申し込み画面からご覧ください。

参加費:
・会場参加:2,500円(代官山・アートフロントギャラリー)
・Zoom参加:2,000円
会場参加のチケットは6月20日の正午までご購入いただけます。

*各回イベント終了後、期間限定でアーカイブ動画をご覧いただけます。アップロードまで数日お待ちください。
通常は翌回開催までの間ご視聴可能となります。
*会場参加は通し参加者優先の先着とし、人数制限がございます。
*チケットご購入の方に、Peatixメッセージにてご参加方法をお知らせいたします。
ご購入から数日お待ちいただく場合もございますのでご了承ください。

「北川フラム塾」とは?

北川フラム塾は、芸術祭の背景を学んでいくプログラムです。
北川が総合ディレクターを務める「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」や「瀬戸内国際芸術祭」だけではなく、アートや地域づくりに関するさまざまな専門家をお呼びして、芸術祭を(地域/分野)横断的に学んでいきます。
主催:アートフロントギャラリー「北川フラム塾」事務局


こえび隊とは

瀬戸内国際芸術祭を
支える
ボランティアサポーター。
島が好き!
アートが好き!
芸術祭を手伝いたい!
と思っている方なら
誰でも参加できます。

こえび隊に登録する APPLY FOR KOEBI-TAI

こえび新聞

こえび新聞vol.22が完成しました。 外面は、瀬戸内国際芸術祭のパフォーミング・アーツ大特集!そもそも...

こえび新聞を読む APPLY FOR KOEBI-TAI